GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年11月

チーム

今年最後の練習試合は黒星も鍬原投手が新フォームで好投~宮崎秋季キャンプ第2クール終了

写真

2回をパーフェクトの戸郷投手


写真

八回、高山選手が2点適時打


写真

新フォームで1回を三者凡退に抑えた鍬原投手


写真

九回、増田大選手が適時二塁打

 宮崎秋季キャンプ第2クール最終日の14日は、ソフトバンクとの練習試合が行われました。若手投手が打ち込まれて8点のリードを奪われ、終盤に追い上げましたが4対8で敗れました。腕を下げるフォームに挑戦中の鍬原拓也投手は1回を完璧に抑えました。

 試合前には、日本シリーズ以来の対戦となる原辰徳監督と工藤公康監督が握手をしてあいさつを交わしました。

 先発の戸郷翔征投手は、地元・宮崎のファンの声援を受け、2回をパーフェクトに抑えるピッチングを見せました。

 2番手の大江竜聖投手は2イニング目の四回、二死から連打でピンチを招くと、中前適時打と左翼への3点本塁打を浴びて4点を奪われました。3番手の直江大輔投手も3連打で1失点の後、3点本塁打を打たれ、0対8とされました。

 4番手の田中優大投手、5番手の横川凱投手はそれぞれ1イニングを無安打無失点に抑えました。

 七回、二死三塁とすると、山下航汰選手の遊ゴロが敵失を誘い、ようやく1点を返しました。

 八回を與那原大剛投手が三者凡退に抑えると、その裏、二死二、三塁から高山竜太朗選手が左翼に2点適時打を放ち、3対8としました。

 九回はこのキャンプから腕を下げた新しいフォームにチャレンジしている鍬原拓也投手が登板。1回をわずか7球で三者凡退(2奪三振)に仕留めました。

 その裏、増田大輝選手の適時二塁打で1点を返しましたが反撃もここまで。4対8で日本シリーズの雪辱を果たせませんでした。

■先発の戸郷投手
 0点で抑えることはできましたが、スライダーが抜けてしまっていたので試合の中で修正できないといけない。ストレートも狙ってファウルが取れるような強さを(求めて)今後、秋キャンプを含め取り組んでいきたい。

■2点適時打の高山選手
 今年1年、「打席で迷わない」という課題を持っていましたが、タイムリーは迷わず打てました。秋季キャンプで練習してきたことを少しは体が覚えてきてくれていると感じました。スムーズに球をとらえることが実戦で出来たことはよかったです。

■新フォームで1回をパーフェクトの鍬原投手
 腕を下げてすぐの試合だったので、3人で終わってほっとしています。思ったより低めに集めることができたのは自分でも収穫だと感じています。まだ手探り状態なのでこのキャンプとオフの期間ででしっかりと作り上げたいです。

ソフトバンク 000 440 000|8
巨    人 000 000 121|4

巨人投手リレー
戸郷(2回)、大江(2回)、直江(1回)、田中優(1回)、横川(1回)、與那原(1回)、鍬原(1回)ー田中貴、高山

 宮崎秋季キャンプはあす15日は休養日で、16日から最終第3クールの練習が始まります。