GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年11月

チームファーム

宮崎秋季キャンプ打ち上げ、岡本選手の音頭で手締め

写真

投手練習に組み込まれた競歩


写真

岡本選手が手締め

 今月6日から宮崎市で行われていた秋季キャンプは19日、最終日を迎えました。

 石井琢朗コーチが「最後に気を抜くことがないように」と声をかけ、選手たちはより一層引き締まった表情で練習を開始しました。

 投手陣はトレーニングの一環で「競歩」を導入。「走る動きでは鍛えられない部位を鍛えるため」(宮本和知コーチ)で、初めは笑顔もあった選手たちの表情は、次第に険しくなり、ゴールすると「走るよりきつい!」と悲鳴も上がりました。

 練習終了後、マウンドの周りに選手、首脳陣、スタッフ全員が集合。岡本和真選手が「僕たち若手が活躍するとチームは強くなる」と来季への決意を口にし、手締めをして秋季キャンプを打ち上げました。

 元木大介ヘッドコーチは、「MVPは決められない」としつつも「守備も一生懸命やっていた」と野手キャプテンを務めた岡本選手の今キャンプの姿勢を評価。「けが人もなく非常にいいキャンプだった」と総括しました。

写真

残留組の秋季練習も打ち上げ

 一方、ジャイアンツ球場で行われていた残留組の秋季練習も打ち上げとなりました。

 前日の雨の影響もあり、一部練習メニューが変更となり、正午過ぎに練習が終了しました。

 マウンドの周りに輪を作り、加藤脩平選手がスタッフや首脳陣、ファンへの感謝を述べた後、「一人ひとりがライバルだと思っています。常に競争意識を持ってお互いを高めあい、切磋琢磨してオフシーズン取り組んでいきましょう」とあいさつし手締めを行いました。