GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年11月

チームファーム

10選手が契約更改、3選手が育成選手契約

写真

来季の決意を語る藤岡投手


写真

畠投手「来季はチームに貢献する」


写真

契約を終えて笑顔の岸田、広畑、小山の3選手

 読売巨人軍は21日、藤岡貴裕、畠世周両投手や岸田行倫選手ら10選手と契約更改、谷岡竜平投手ら3選手と育成選手契約を結びました。

 今年6月に日本ハムからトレードで移籍した藤岡投手は、一軍での登板なしに終わり「なんとも言えないシーズンだった。先発でやりたい気持ちはあるが、試合になげられてなんぼなので、どの立場でも貢献できるようにしたい」と来季に向けて意気込みました。

 7月に右肘の手術を受けたこともあり、5試合の登板にとどまり防御率6.89を不本意なシーズンだった畠投手は、「1年間戦力になることができなかった」と悔しさをにじませ、「来年の目標はとにかくチームに貢献することと1年間けがをしないこと」と決意を語りました。

 今年一軍で初スタメンもした岸田行倫選手は、「二軍では安定したバッティングでの結果は出せたと思いますが、一軍で活躍することの難しさを感じたので、このオフで来年一軍で戦える力をつけたい」とさらなる飛躍を誓いました。

 そのほかの契約更改、育成選手契約選手のコメントは以下の通り。

■池田駿投手
「一軍での登板はあったがチャンスをつかめなかった。一年間けがなく投げられたことは自信になったので継続したい。来年は先発に挑戦したい」

■谷岡竜平投手
「野球を始めて初めてのけがでどうしていいか分からず、とにかくくやしい。キャンプまでに、しっかり投げられるようになりたい」

■山川和大投手
「支配下になるためには今年以上に結果、存在感を求められる。フェニックスリーグでカットボールを新しく使えるようになったので、幅を出すためにしっかり来年使えるようオフの期間を大事にしたい」

■高山竜太朗選手
「守備はある程度できる力はついてきたが、課題はバッティング。このオフはスイングスピード、パワーを高めたい」

■小山翔平選手
「大きなけがなく1年間できたのはすごく良かった。阿部(慎之助)さんが、二軍監督になるのでキャッチャーとしていろいろなことを聞いていきたい」

■広畑塁選手
「二軍で試合に出ることができて、去年と違った課題、悔しさを感じた。来年はとにかく勝負という二文字を常に頭に入れて、オフ期間を大切に過ごしたい」

■村上海斗選手
「短所であるバッティングの確実性をオフの期間でレベルアップ。自信のある、足と守備でまずチャンスをものにして、一軍で活躍できる選手になりたい」

■松原聖弥選手
「けがもあり、去年から思ったより成長することができなかった。その中で、課題である長打力、パンチ力は少しはついてきた。1年間、一軍に帯同することが目標」

■北村拓己選手
「初ヒットを打ちたかったが打つことができなかった。来年はレギュラーを目指してやっていきたい。そのためにこのオフで、基本からしっかりと取り組みたい」

■笠井駿選手
「今年は二軍で1本しかヒットを打てなかったのでくやしいです。支配下登録して一軍で結果を出したい」