GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2020年6月

チーム

小林、炭谷がバットで競演、正捕手争い激化

写真

本塁打を含む2安打の小林


写真

途中出場の炭谷も適時打を含む2安打


写真

三回、岡本が勝ち越しの3点本塁打

<イニングスコア>
ヤクルト 010 120 000|4
巨人   004 120 01x|8

<投手リレー>
サンチェス(4回2/3)、桜井(1回1/3)、ビエイラ(1回)、沼田(1回)、鍵谷(1回)-小林、炭谷

<スターティングメンバー>
1(二)吉川尚
2(遊)増田大
3(中)丸
4(指)岡本
5(左)亀井
6(一)中島
7(右)パーラ
8(捕)小林
9(三)若林
投手 サンチェス

 東京ヤクルトスワローズとの練習試合が6日、東京ドームで行われた。巨人は1点を追う三回、吉川尚の同点適時打と岡本の勝ち越し3点本塁打で4対1と逆転に成功。四回には小林にソロ本塁打が飛び出し、五回には中島が2点二塁打を放った。途中出場の炭谷も適時打を含む2打数2安打の活躍。先発のサンチェスは五回途中4失点と安定感を欠いたが中継ぎ陣は無失点でつなぎ、巨人は8対4で勝利を飾った。

 巨人先発のサンチェスは150キロを超える直球を軸に初回こそ三者凡退に抑えるが二回、中村に左前適時打を浴びて先制を許す。

 打線は三回、ヤクルト先発・小川から先頭の小林が左中間二塁打で出塁。若林の進塁打で一死三塁とし、吉川尚が左前にはじき返して同点とした。なおも二死一、二塁で岡本が右翼席へ勝ち越しの3点本塁打。4番の一振りで試合の主導権を握った。

 直後の四回、サンチェスが吉田成に適時打を許して2点差に迫られるがその裏、巨人は先発マスクの小林が左翼へソロ本塁打を放ち、5対2と突き放す。

 サンチェスは五回、青木に適時二塁打、雄平に犠飛を許し、1点差とされて降板。4回2/3を投げて8安打2四球、4失点だった。2番手桜井は1球で打ち取り、ピンチを脱する。
打線はその裏、吉川尚、増田大の連打から二死満塁と攻め立て、春先から好調の中島が右翼フェンス直撃の2点二塁打を放ち、7対4とする。

 桜井は六回も続投して三者凡退に抑え、開幕ローテーションに向けて結果を出した。七回はビエイラが3人を完璧に封じ、前回登板の乱調から復調を印象づけた。

 八回には支配下登録されたばかりの沼田が登板。安打を許すが無失点でしのいだ。その裏には途中出場の炭谷がこの日2安打目となる左前適時打を放ち、8対4とした。

 九回は鍵谷が無失点で抑えゲームセット。巨人は小林、炭谷の正捕手候補がバットで躍動。開幕まで2週間を切り、大城も含めた正捕手争いが激しさを増してきた。

 <試合経過>
【一回】先発サンチェスは完璧な立ち上がり。
【二回】サンチェスが中村に先制適時打を許す。中島がチーム初安打。
【三回】サンチェスは上位打線を三者凡退。吉川尚の同点適時打で1対1。岡本が勝ち越し3点本塁打。4対1
【四回】サンチェスが吉田成に適時打を許し、4対2。小林のソロ本塁打で5対2
【五回】サンチェスが青木に適時二塁打、雄平に犠飛を許し5対4。2番手・桜井が後続断つ。中島が2点二塁打を放ち7対4。
【六回】桜井が三者凡退。途中出場の松原が右飛を好捕。
【七回】3番手・ビエイラが三者凡退。
【八回】4番手・沼田が無失点に抑える。炭谷の適時打で8対4
【九回】5番手・鍵谷が無失点に抑え、8対4で試合終了。

コメント
三回、同点適時打の吉川尚
「打ったのはフォークかチェンジアップ。三塁ランナーを還すイメージを持ち、打席に入りました。なんとかくらいついていけました」

三回、勝ち越し3点本塁打の岡本
「打ったのはカット。まず、一本出たのは良かったのと、シーズンでも必ず対戦する投手なので、打てて良かったです」

五回、2点二塁打の中島
「打ったのはストレート。ランナーを還すことだけ考えて打席に入りました。打つことができて良かったです」

先発のサンチェス
「いい球もあったが、失投も多く反省が多い内容だった。色々なことをもう一度考えて、次の登板までに修正したい」

(記録は巨人軍調べ)