GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2020年6月

チーム

湯浅が先制弾で連日の猛アピール、打線が粘って引き分けに持ち込む

写真

先制弾を放った湯浅。連日のアピールが続く


写真

九回二死三塁、陽が2点本塁打を放ち同点


写真

先発出場し、2打数2安打の小林

<イニングスコア>
巨人 201 010 202|8
DeNA 321 100 100|8
(申し合わせにより巨人先攻、DeNA後攻)

<投手リレー>
鍬原(3回)、沼田(2回)、古川(1回)、ビエイラ(1回)、デラロサ(1回)、鍵谷(1/3回)、藤岡(1/3回)、澤村(1/3回)-小林、炭谷

<スターティングメンバー>
1(二)吉川尚
2(遊)湯浅
3(中)丸
4(三)岡本
5(左)亀井
6(一)中島
7(右)パーラ
8(捕)小林
9(投)鍬原

 横浜DeNAベイスターズとの練習試合が10日、東京ドームで行われた。巨人は一回に湯浅の2点本塁打で先制するが、先発鍬原が3回6失点、5四死球の乱調。中盤以降は打線が粘り強く得点を重ね、2点を追う九回に陽が起死回生の同点2点本塁打を放つ。巨人は好調な打線が奮起し、8対8の引き分けに持ち込んだ。

 両チームの申し合わせにより、東京ドームでの開催だが巨人の先攻で行われた。巨人は初回、DeNA先発中川から先頭の吉川尚が四球で出塁すると、続く湯浅が内角直球を強振。打球は左翼席に飛び込む先制2点本塁打となった。湯浅は7日のヤクルト戦に続く一発で、一軍生き残りに向けて猛アピールを続けている。

 先発の鍬原は初回、2四球でピンチを招くと4番・佐野に適時二塁打を浴びる。なおも一死満塁から倉本に同点の犠飛、乙坂に適時二塁打を許し、試合をひっくり返される。二回もオースティンに適時打を浴びるなど2点を失い、2対5と突き放される。

 打線は直後の三回、パーラの右前適時打で2点差に詰め寄るが、鍬原が自身の悪送球で失点し、3対6とされる。

 四回、2番手の沼田が佐野にソロ本塁打を浴びるが、五回に小林の適時打で1点を返す。さらに七回には炭谷、石川の連続適時二塁打で6対7と1点差に迫る。

 七回、4番手のビエイラがロペスにソロ本塁打を浴び、6対8。しかし敗色濃厚の九回、二死三塁から途中出場の陽が右翼席に放り込む同点の2点本塁打。8対8に追いつき、九回裏は鍵谷、藤岡、澤村が小刻みな「一人一殺」リレーで試合を締めた。

 <試合経過>
【一回】湯浅が先制の2点本塁打。鍬原は佐野の適時二塁打、倉本の左犠飛、乙坂の適時二塁打で3失点
【二回】3四球で二死満塁の好機を作るが無得点。鍬原はオースティンの適時打と内野ゴロの間に2失点し、2対5
【三回】パーラの右前適時打で3対5。鍬原が自らの本塁悪送球で3対6
【四回】小林の安打などで好機作るも無得点。2番手沼田が佐野にソロ本塁打を浴び3対7
【五回】小林がこの試合2安打目となる左前適時打。4対7。沼田が両チーム通じて初の三者凡退に抑える
【六回】古川が三者凡退に抑える
【七回】途中からマスクをかぶる炭谷と代打・石川の連続適時二塁打で6対7。ビエイラがロペスにソロ本塁打を浴び、6対8。
【八回】3四球で好機作るも無得点。5番手・デラロサは二塁に走者を背負うも無失点
【九回】DeNAのクローザー山崎から陽が同点の2点本塁打。鍵谷、藤岡、澤村が1人ずつ抑え、8対8で試合終了。

コメント
一回、先制2点本塁打の湯浅
「とにかくコンパクトに低い打球を打とうと、その意識で集中して打席に入りました。コンパクトに振り抜くことができましたが、まさかホームランになるとは思っていませんでした。自分自身もビックリしました」

四回、適時打のパーラ
「積極的にいけたのでいい結果につながったと思うよ。ファーストストライクを集中して打つことができたね」

七回、適時二塁打の炭谷
「気持ちで打ちました!」

七回、適時二塁打の石川
「銀さん(炭谷)に続けて良かったですね!」

九回、同点2点本塁打の陽
「なんとかしたいという気持ちで打ちました!終盤のあの場面で、チームにも自分にもいい打撃ができたと思う」

(記録は巨人軍調べ)