GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2020年12月

チーム

最優秀選手賞に菅野投手 「NPB AWARDS 2020」で発表

写真

最優秀選手賞を受賞した菅野投手


写真

新人特別賞の戸郷投手と握手


写真

原監督には最優秀監督賞

 今季の最優秀選手が、17日に開かれた「NPB AWARDS 2020」で発表され、セ・リーグは菅野智之投手が選ばれました。菅野投手は6年ぶり2度目の受賞です。
 
 菅野投手は今季、勝率第1位(初)と最多勝利(2年ぶり3度目)の2タイトルを獲得。開幕13連勝などの偉業も達成し、リーグ優勝に貢献しました。

 受賞の挨拶で菅野投手は、「昨年はふがいないシーズンだったので、今年このような賞をいただいてうれしいです。(MVPは)2度目ですが、前回より成長した姿を見せられたと思います。賞に恥じないように、これからも精進していきます」と受賞の喜びを語りました。

 また、最優秀選手の発表に先立って行われたセ・リーグ連盟特別表彰では、戸郷翔征投手に新人特別賞、菅野投手にリーグ特別賞、原辰徳監督に最優秀監督賞が贈られました。

 戸郷投手は「来シーズンは今年以上の成績を上げ、何かの賞を取ってまたここに来たいです」と喜びを語り、開幕13連勝が評価されての受賞となった菅野投手は「チームメイトがつなげてくれた記録です。うれしく、光栄に思います」と挨拶。原監督は「来季は野球界の発展、勝利を目指してしっかりと戦いたい」と述べました。

 今年の「NPB AWARDS」は新型コロナウイルス感染防止のため出席者を限定し、タイトル獲得者らの喜びの言葉は事前収録した映像を流すことで披露されました。

 最多本塁打と最多打点の二冠に輝いた岡本和真選手は映像の中で、「2つも取れて光栄に思います。いろんな方々のサポートでプレーさせていただいたことに感謝します。来季は求められるハードルも上がるので、期待に応えられるよう、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいです」と語りました。

 ベストナインには巨人から菅野、岡本両選手のほか、大城卓三、坂本勇人、丸佳浩の計5選手が選ばれましたが、他の受賞者と一緒に収録された映像が流されました。選手同士の質問もあり、初受賞の大城選手は鈴木誠也選手(広島)に「調子が落ちた時はどうするんですか」と質問していました。
 
 このほか、球団職員から選ばれる球団功労賞は、藤田浩雅・ジャイアンツ寮寮長兼ジャイアンツ球場長が受賞しました。

 一方、ファーム表彰式では、最多勝利投手の太田龍、沼田翔平、山川和大の3投手と、最多盗塁の湯浅大選手の受賞メッセージの映像が流されました。4人はいずれも初受賞。また、沼田投手には優秀選手賞、湯浅選手にはスポンサー表彰の技能賞(デイリースポーツ選定)と殊勲賞(報知新聞社選定)が贈られました。