GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2021年4月

チームその他

新型コロナウイルスの陽性判定について

 昨日4月3日(土)に一軍の選手、監督・コーチ、スタッフなどを対象に実施した新型コロナウイルスの定期検査で陽性と判定された選手2名と、再検査が必要とされた選手1名について、本日4月4日(日)午前、東京都内の医療機関で改めて診断とPCR検査を受けた結果、3名全員の陽性判定が確定しました。一方、この3名を除く、一軍の選手、監督・コーチ、スタッフなど86名に対して同日朝、球団として改めてSmartAmp PCR検査を実施したところ、同日午後1時すぎ、ゼラス・ウィーラー選手が新たに陽性と判定されました。残りの85名は陰性と判定されました。

 このため、本日の東京ヤクルトスワローズ戦の先発メンバーだったウィーラー選手を急きょメンバーから外して試合に臨みました。ウィーラー選手は、発熱や咳、味覚・嗅覚の異状などの症状はなく、健康状態は良好ですが、現在、他人と接触しないよう隔離しており、近く都内の医療機関で改めて診察とPCR検査を受け、陽性が確定すれば保健所等の指示に従った対応を取る予定です。球団としては、新たにウィーラー選手が陽性と判定されたことを受け、明日5日(月)、一軍の選手、監督・コーチ、スタッフら全員を対象にしたSmartAmp PCR検査を再度実施し、陰性を確認したうえで6日(火)からの甲子園球場での阪神タイガース戦に臨む予定です。

 本日、都内の医療機関の診察とPCR検査で陽性判定が確定したのは、中島宏之、丸佳浩、若林晃弘の3選手です。この3名も発熱や咳、味覚・臭覚の異常等の症状はなく、健康状態は良好です。このうち、妻や子どもと同居している丸選手は、家庭内感染を避けるため医療機関に入院し、中島、若林両選手は保健所の指示が出るまで自宅で待機しています。

 前日の3日(土)に実施したSmartAmp PCR検査では、中島、丸の2選手が陽性と判定され、若林選手は再検査が必要とされる一方、ウィーラー選手は陰性でした。この4名は3月30日(火)~4月1日(木)の名古屋遠征に帯同し、1日(木)の中日ドラゴンズとの公式戦終了後、中島、ウィーラーの両選手は新幹線で帰京し、丸、若林の両選手は名古屋市内のホテルに宿泊して、翌2日(金)午前に新幹線で帰京しています。同日から東京ドームで開催された東京ヤクルトスワローズとの3連戦では、4名とも自家用車などで自宅と東京ドームを往復するだけで、名古屋遠征の期間中も合わせて外食や会食は一切していません。

 当球団では、この4名と4月1日(木)以降、チーム関係者が接触した状況を調査した結果、中島、丸、若林の3選手と移動時にマスクは互いにしていたものの、タクシーに数分間同乗したり、ロッカーで将棋をしたりしていた亀井善行、増田大輝、北村拓己の選手3名に加え、3選手に施術をしていたトレーナーなどスタッフ6名について、チームから隔離しました。さらに本日午後、ウィーラー選手と互いにマスクをしながらも会話をする機会が多かった通訳1名もチームから隔離しましたので、隔離者は計10名になりました。この10名についても本日のSmartAmp PCR検査で、陰性と判定されましたが、明日改めて一軍のメンバーとして同検査を受ける予定です。

 管轄の保健所には、陽性判定が確定した選手3名とウィーラー選手の行動履歴や接触状況を報告し、濃厚接触者の特定作業に協力してまいります。本日も含めた3日間、試合をした東京ドームの選手エリア全域については、3日午後11時から4日午前5時にかけ、6時間にわたって消毒作業を実施しましたが、ウィーラー選手の陽性判定を受け、4日の試合中から、改めて消毒作業を行いました。当球団では、遠征先での外食や会食の自粛をはじめ、引き続き徹底した感染対策に努めてまいります。