GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2021年9月

チーム

9回に丸佳浩選手の同点適時打で3点差追いつく 今季15度目の引き分け

写真

9回、同点適時打を放った丸選手

 横浜スタジアムで行われたDeNAとの17回戦。途中出場の丸佳浩選手が土壇場の9回に26打席ぶりの安打となる同点適時打を放って3点差を追いつき、5-5で引き分けました。

 先発の戸郷翔征投手は初回、オースティン選手と宮崎選手に2者連続本塁打を浴び、3点を先取されました。しかしその後は立ち直り、3回は無死一、二塁のピンチを背負いますが3者連続三振に打ち取ると、4回、5回も無失点に抑える好投を見せました。6回の打席で代打を告げられ、5回を被安打6、3失点で降板しました。

 6回、7回は2番手の鍵谷陽平投手、3番手の中川皓太投手がそれぞれ無失点に抑えましたが、8回に4番手でマウンドに上がったR.デラロサ投手が3連打を浴びて2点を失い、リードを3点に広げられました。

 打線がつながったのは4回。岡本和真選手が敵失で出塁すると、Z.ウィーラー選手が左前安打でつなぎチャンスを演出。続く廣岡大志選手の内野ゴロの間に1点を返すと、続く今季初スタメンの岸田行倫選手が起用に応える中前適時打を放ち、1点差に詰め寄りました。

 9回に、吉川尚輝選手が4試合連続となる適時打を放つと、続く岡本選手も左前適時打を放ち、1点差に詰め寄りました。さらに、丸選手が起死回生の同点適時打を放ち、土壇場の9回に5安打で一挙3点を奪い同点に追いつきました。

 その裏を5番手の高梨雄平投手、6番手の畠世周投手の2投手が無失点で切り抜け、今季15度目の引き分けに持ち込みました。

 試合の詳細はこちらから。