GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2021年9月

チーム

S.ハイネマン選手が来日初タイムリーで1点差に詰め寄るも DeNA戦6連敗

写真

8回に来日初タイムリーを放ったハイネマン選手

 東京ドームで行われたDeNAとの19回戦。4回に中島宏之選手の遊ゴロの間に1点を先取しましたが、好投していた山口俊投手が7回に危険球退場となり、2番手の田中豊樹投手が勝ち越し2ランを浴びてしまいました。8回にS.ハイネマン選手の来日初打点となるタイムリーで1点差に詰め寄りましたが2-3で敗れました。同カードは2分けを挟み6連敗となりました。

 先発の山口投手は初回、1番の桑原選手に二塁打を浴びますが後続を断って無失点の立ち上がりを見せます。以降、安定したピッチングで5回被安打2と試合を作ります。
 6回に先頭の桑原選手に痛恨の10号ソロを浴びて同点とされると、7回には1死無塁から、ソト選手へ頭部死球を与えて、危険球退場となりました。緊急登板となった2番手の田中豊樹投手は牧選手に17号2ランを浴びて勝ち越しを許しました。

 8回途中から登板した3番手の大江竜聖投手は四球と安打で1死一、二塁となったところで降板。ピンチの場面で登板した4番手の鍵谷陽平投手はオースティン選手を三ゴロ併殺打に打ち取りました。9回は5番手のR.デラロサ投手が三者凡退に抑え、1点差逆転へ望みをかけます。

 打線は4回1死二、三塁から中島選手のショートゴロの間に岡本和真選手が先制のホームを踏み1点を先取。2点ビハインドの8回には大城卓三選手の右翼線二塁打、Z.ウィーラー選手の右邪飛で1死三塁とすると、ハイネマン選手が初打点となる中前適時打を放って1点差に詰め寄りましたが、後続を断たれました。

 2分けを挟みDeNA戦6連敗を喫しました。

試合の詳細はこちらから