GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年8月

その他

小林選手がジャイアンツカップ開会式で出場選手を激励

写真

始球式に登場した小林誠司選手


写真

各チームの主将は力強く選手宣誓を行いました

 全国の中学硬式野球1519チームのトップを決める「第8回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」の開会式が8日、東京ドームで行われ、式典にサプライズ登場した小林誠司選手が、球児らにエールを送りました。

 ジャイアンツカップは中学硬式野球の主要5リーグが参加し日本一を決める唯一の大会として1994年にスタートしました。2007年にはその意義が認められ「日本選手権」を名乗る大会へと成長。これまでに巨人の内海哲也投手をはじめ、67名のプロ野球選手を輩出しています。

 北海道から沖縄まで、各リーグの全国予選を勝ち抜いた精鋭32チームは堂々とした行進で東京ドームに整列すると、大会副会長の堀内恒夫氏は「東京ドームで開会式を迎えることができたのは、日ごろの厳しい練習に耐えぬくことができたから。優勝を目指し、悔いを残さぬよう頑張ってください」とあいさつ。今大会から北海道、四国、沖縄からリーグの枠を超えて予選を勝ち抜いた地域代表枠が新設されたことにも触れ、「今後ますます交流が深まることを期待します」と述べました。

 また始球式では、司会者から名前がコールされて小林選手がグラウンドに登場すると、事前に知らされていなかった選手や指導者、スタンドで見守る保護者らから歓声が上がりました。緊張したという小林選手のボールはストライクゾーンからそれてしまいましたが、自身の中学時代を振り返り「仲間と必死に練習した日々があったから今があると思っている。皆さんがここまで来られたのも仲間や指導者、家族の支えがあってこそ。感謝の気持ちを忘れず、日本一を目指して頑張ってほしい」と熱い戦いを期待するエールを送りました。

 大会は8日から12日の5日間、東京都を中心に神奈川、埼玉、千葉各県の15球場を使用。決勝戦は東京ドームで開催されます。大会の詳細はこちら