GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2015年2月

チーム

OB松井秀喜さんがキャンプ訪問 大田、岡本両選手に高評価

写真

OBの松井秀喜さんが宮崎キャンプを訪問


写真

フリー打撃練習を終えて、松井さんの話しを聞く岡本選手

 宮崎キャンプ3日目の3日、OBの松井秀喜さんがKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎を訪れ、選手たちを激励しました。スタンドに詰めかけたファンからは、驚きの声が上がり、ウオーミングアップを行っていた選手たちも1年ぶりの松井さんの登場に嬉しそうな表情を見せていました。

 ストレッチを終えた選手たちが続々と集まると、松井さんは「昨年は最後に悔しい思いをした。その悔しさを忘れず、またゼロから始めるつもりで、今キャンプでしっかり体をつくって、日本一を奪回してほしい」と挨拶、若手選手たちは目を輝かせて、耳を傾けていました。

 午後は二軍の練習が行われているひむかスタジアムに移動し、ルーキー岡本和真選手の打撃を観察。松井さんは報道陣に対し、「センター中心に素晴らしい打球が飛んでいましたし、スイングも非常に力強かった。高校を卒業したばかりだが、本当に素晴らしいバッターだと思います」と高く評価していました。また、岡本選手の良い点を問われると、「スイングの軌道が一定なのがいいな、と思いました。バットが内からしなるように出てくるし、安定してボールを捕らえていた」と解説。一方、岡本選手は「全てが大きくて驚きました。(会話の内容はの問いに)内緒です。偉大な先輩に少しでも近づけるように頑張りたい」と興奮した様子でした。


 岡本選手の視察を終えた松井さんは休む暇もなくサンマリンスタジアムに引き返し、大田泰示選手の打撃練習を見守りました。昨年のキャンプで臨時コーチとして熱心に指導し、シーズン後半に結果を出した愛弟子の成長に「表情が去年よりも落ち着いている感じがしました。振りがスムーズで力強かったですし、去年見せていただいた時よりはいいバッティングをしていたような気がします。去年の試合の中で自信をつかんでいる部分もあるでしょうし、彼の中で何か変わっている部分があるんじゃないかなと思います」と目を細めていました。

 また、松井さんと同世代の4選手も元気な姿を見せていました。高橋由伸選手は、昨年手術した右手中指の不安は感じさせない美しいスイングを披露。井端弘和選手は今キャンプ初めて行われた投手と野手の連携守備で内野陣を引っ張り、堅実な守備を見せていました。相川亮二選手はバントシフトなどのサインプレーで大きな声で的確な指示を出し、ベテラン捕手らしい存在感を発揮。金城龍彦選手は守備範囲の広さ、肩の強さを見せ、打撃練習では低めのボールゾーンも巧みなバットコントロールでヒット性の打球を飛ばしていました。

 4選手は全体練習終了後も、サンマリンスタジアム正面のボールパークG内特設ステージで節分の豆まきを行い、多くのファンと交流していました。

 明日4日は第1クール最終日。午前9時半からサンマリンスタジアムで練習開始です。松井さんも訪問する予定です。