GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

トップ  >  歴史と記録  >  ファーム  >  試合結果  >  試合結果詳細

ファーム試合結果

2010年8月28日 イースタン・リーグ公式戦
巨人-西武 13回戦(ジャイアンツ球場)

巨人巨人 10 - 5 西武西武

対 西武: 10勝 3敗 0分 (通算: 50勝 38敗 2分)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
西武
巨人 10

巨人

打順 守備 選手名 打数 安打 打点 四死球 三振
(中)左 福元
打三 伊集院
(遊) 寺内
(三)一 大田
(二) 中井
走二 仲澤
(左)一左 田中
(一) イ・スンヨプ
走中 橋本
(指) 小田嶋
打指 籾山
(右) 加治前
大道
隠善
(捕) 加藤
鬼屋敷
投手 安打 三振 四死球 失点
深田
中里
神田 1/3
小野 2/3

相手チームスタメン・投手リレー

1番:黒瀬(三)、2番:大崎(中)、3番:浅村(遊)、4番:G.G.佐藤(左)、5番:後藤(一)、6番:松坂(指)、7番:岳野(捕)、8番:美沢(二)、9番:斉藤(右)
P:大沼(5回)→山崎(2回)→宮田(1回)

勝投手

深田(7勝4敗)

セーブ投手

小野(1勝1S)

負投手

大沼(1勝2敗2S)

本塁打

巨:寺内1号ソロ(一回・大沼)・2号ソロ(五回・大沼)、大田19号ソロ(一回・大沼)
西:美沢1号2ラン(七回・深田)、松坂3号2ラン(九回・神田)

※記録は読売巨人軍調べ

ダイジェスト

初回に右越えの先制弾を放つなど2本塁打の寺内

初回、左越えの19号本塁打の大田

七回2失点で7勝目の深田

 巨人は、初回に2本塁打を含む7安打で6点を奪うなど、11安打10得点で西武を下し、3連勝となった。

 初回一死後、寺内、大田の連続本塁打から始まって、中井、田中の中前打、イ・スンヨプの四球、小田嶋の左前タイムリー、加治前の右前2点タイムリー、加藤の左前タイムリーと8者連続で続いて一挙6点を奪った。

 五回は寺内の2本目の本塁打で1点追加。七回には伊集院の四球と中井の左前タイムリー、田中の左前打と橋本の強烈なゴロを一塁手がはじいて2者が還り、この回3点を加えた。

◇初回の先制弾など2本塁打の寺内選手
 「1本目は、(2ストライクに)追い込まれる前だったので、強く打てるよう準備していて、真っ直ぐをしっかり打てました。2本目も同じで、インコースの真っ直ぐです。ぼくみたいなタイプはホームランはいらないのですが、強く打てたことはよかったです」

◇19号ソロ本塁打の大田選手
 「スライダーです。変化球中心の配球だったので、追い込まれてから、変化球を待って真っ直ぐが来たらカット、の気持ちだったのですが、スライダーが甘く入ってきたのでしっかりと打てました」

◇初回、3点目となる左前タイムリーの小田嶋選手
 「スライダーです。真っ直ぐのタイミングだったんですが、甘い球が来たので振り抜きました」

◇七回2失点で7勝目の深田投手
 「(3安打と)ヒットは少ないんですが、むだな出塁(5四球)が多かったです。ただそういった中でも、勝負所で自分らしく、自分を見失わず投げられたのはよかったです」