GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

トップ  >  歴史と記録  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS ニュース

2010年12月

チーム

2010.12.08

坂本勇人選手、東野峻投手が契約更改

写真

    来年もフルイニング出場を目標にしたいと話す坂本選手


写真

      開幕投手について「狙っていきます」と東野投手

 坂本勇人選手と東野峻投手が8日、東京・大手町の球団事務所で来季の契約を更改し、記者会見に臨みました。

 全144試合にフルイニング出場し、自己最多の31本塁打を放つなど、609打数、171安打、85打点、打率2割8分1厘の成績を残した坂本選手。「頑張ったことが評価されるのは、やりがいがある。ここで満足せず、まわりに認めてもらえる選手になれるように、もっともっと頑張りたい」と語りましたが、「(打率が)3割に届かなかったのは一番悔しかったし、守備でもエラーで迷惑をかけた」と反省も口にしました。

 自己最多をマークした本塁打については「しっかり自分のスイングが出来て、ミートする確率が上がっただけ」と遠慮がちに語り、「巨人のレギュラーを張っているという自覚を持ってもっと高いレベルで頑張りたい」と目標を高く掲げていました。

 また、10月のドラフト会議でも注目を集めた、同世代のルーキー投手たちとの対戦に質問が及ぶと「同級生との対戦が増えたら試合も楽しみになると思うし、負けないように頑張りたい」と、対戦を待ち望んでいる様子でした。

 27試合に登板して、自己最多となる13勝を挙げた東野投手は、「二桁勝てたのは自信になったが、(7月のオールスターゲームまでに11勝しながら)後半が2勝止まりと失速し、リーグ優勝を逃してしまったことが悔しい」と振り返りました。

 右投手として唯一、規定投球回数に到達、来季は7人のルーキー投手の入団が決まっているだけに、「ピッチャー陣全体を引っ張っていくというくらいの強い気持ちを持ってやっていきたい」とのコメントからも、投手陣を背負って立つという強い責任感が感じられました。

 年明けからは内海哲也投手らとグアムで自主トレを行う予定。「来年に向けて新しい変化球をひとつ覚えたい。しっかり一年間働ける体づくりに励んで、チームは日本一、個人としては15勝を目標に頑張りたい」と、来季の目標を語りました。