GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

トップ  >  歴史と記録  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS ニュース

2010年12月

イベント

2010.12.09

夢持ち続けて~長野選手が母校の佐賀・基山小学校を訪問

写真

       後輩たちと笑顔で記念写真に収まる長野選手


写真

  6年生と一緒に給食、久しぶりの味はいかがだったでしょうか?


写真

  大人気の長野選手、どこへ行っても元気な笑顔に囲まれました

 長野先輩お帰りなさい――。長野久義選手が9日、卒業以来、13年ぶりに母校の佐賀県基山町立基山小学校を訪問し、後輩たちの熱烈な歓迎を受けました。

 体育館で開かれた歓迎会で「すごく楽しみにしてきました」とあいさつした長野選手はステージ上で素振りを披露。セ・リーグ新人王に輝いた先輩のスイングに、全校児童が釘付けになりました。また、夢をかなえるにはどうしたらいいかと尋ねられ、「こういうふうになりたいと思い続けることが大切。今はプロ野球選手になる夢がかなって本当に幸せ」と、答えていました。

 給食を食べながら行われた、6年生との交流では、中学校という新しい世界へ羽ばたいていく後輩たちに「人生は色々なことがあるけれど、そんな時に助けてくれるのが友達。25歳になった今でも、小学生の頃の友達と連絡を取り合っています。皆さんも友達を大切にしてほしい」と語りかけました。

 同校には長野選手が5年生の時の文集が残り、「15年後の自分」をテーマにした作文には、「巨人にドラフト1位で指名されて、すぐ一軍の試合に出て、阪神戦でサヨナラホームランを打つ」と、まるで、今現在の活躍を見てきたかのような姿が書かれています。長野選手は、「ひとつのことを諦めずに、長く続けることが大切。頑張ってください」と力を込め、後輩たちも、努力を重ねて、夢をかなえた先輩の言葉に、目を輝かせて聞き入っていました。