GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ > 歴史と記録 > ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

4月25日 対ヤクルト5回戦・神 宮

序盤の失点響き、石川に完封許す・・・ヤクルトに連敗

写真

今季初登板で好投した宮國

写真

途中出場で2安打の中井

写真

9回2死、加藤が2打席連続のヒット

 首位攻防2戦目となった東京ヤクルトスワローズとの5回戦。巨人はデビューから好調の先発・田口が立ち上がりを攻められ、初回から3点を失う。さらに、三回に飯原のタイムリーヒットなどで2点を失い、序盤からヤクルトにペースを握られる展開となる。一方の打線は相手を上回る9安打を放ちながらも、あと一本が出ず。結局、最後までヤクルト先発・石川を捕らえきれず、0対5で完封負け。首位ヤクルトに2連敗を喫した。

 初回、先頭の長野が16打席ぶりのヒットを中堅へ放ち、出塁を果たす。しかし、続く片岡のバントは併殺打に終わる。それでも好調の橋本に中越え二塁打が飛び出し、先制のチャンスを迎えるも、4番坂本は二塁ゴロに倒れた。

 巨人先発は2年目の田口。しかし田口は、先頭の山田に死球、荒木に四球を与える苦しい立ち上がり。続く川端の内野ゴロの間に、一死二、三塁とされると、雄平の打席で田口がボークをとられ、ヤクルトに先制点を奪われる。雄平には右翼へはじき返されさらに1点を失うと、飯原は犠牲フライ。初回から3点を追いかける形となった。

 三回、先頭の實松が左翼へのヒットで出塁。田口がきっちりと送りバントを決め、打順は上位に戻る。しかし、長野、片岡が内野ゴロに倒れ、なかなか石川攻略の糸口を掴むことができない。

 その裏、田口が再びヤクルト打線につかまる。先頭の荒木に内野安打を許すと、二つの四球で一死満塁のピンチを背負う。ここで飯原に中堅へ2点タイムリーヒットを浴び、さらに2点を奪われる。

 田口は四回を投げ5失点でマウンドを降りた。

 五回、一死から村田、代打・中井にヒットが飛び出し、二死一、二塁とする。しかし、長野が空振り三振に倒れ、この回も得点を挙げることはできない。

 五回からは今季初登板の宮國がマウンドへ。宮國は先頭打者に内野安打を許すも、続く畠山を併殺打に打ち取る。宮國は2回を無失点に抑え、今季初登板で結果を残した。
 
 宮國の後を受けた3番手・高木京も素晴らしい投球を見せる。2回打者6人を完璧に抑え、打線の反撃を待った。

 八回、先頭の中井が2打席連続のヒットとなる左翼線へ二塁打を放ち、長野は内野ゴロで一死三塁のチャンスを作ったが、続く片岡、橋本は連続三振に倒れた。

 九回、二死から途中出場の加藤が2打席連続のヒットを放つも、村田が二塁ゴロに終わり、試合終了。巨人は石川から9安打を放つも完封を許し、首位攻防戦で連敗。首位ヤクルトとのゲーム差は2となった。

監督インタビュー

初回の攻撃が明暗を分けた感じはあるね

Q:序盤の5失点が重かったですね

初回の攻撃が明暗を分けた感じはあるね

Q:片岡選手の(初回の)バント失敗が響きましたか

うんうん、それもあるしね…

Q:田口投手は立ち上がりにリズムをつかめませんでした

やっぱり、制球力も含めて、なかなか…

Q:ヤクルトは田口投手を研究していたようですが

そりゃそうだよ。その上をまた行かないといけないからな。それがプロという世界だから

Q:中井選手や加藤選手がいい働きをしました

レギュラー陣にジレンマを感じているのかもしれないな

Q:ヒットは出ていますね

打てないより打った方がいいから

Q:田口投手の次は

まだピッチングコーチの話を聞いてない