GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  歴史と記録  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2017年2月

ファーム

三軍キャンプはジャイアンツ球場から宮崎へ

写真

最終日も多くの見学者を集めた練習


写真

投内連係プレーでも選手ははつらつ


写真

明るい表情で決意を語る吉川尚選手

 三軍の春季キャンプは初日の2月1日からジャイアンツ球場で行われてきましたが、同球場での練習が12日に終了、三軍は13日、宮崎に移動します。

 12日も午前8時45分からの球場周辺の山道を約30分かけて速歩する早朝ウオーキングでスタート、午前10時からの本格練習では前日に続いて、ファンがグラウンドに入って見学しました。参加したファンは200人を超える盛況でした。

 練習開始前の巨人軍憲章の発声は新人の育成選手、山川和大投手。元気いっぱいに発声した後、「声の大きさはだれにも負けません」という自己紹介で見学者を沸かせました。練習では、野手はシートノック、フリー打撃などを行い、投手もブルペンでの投球などで調整具合を確認していました。
 
 コンディションが万全ではなく、三軍スタートとなったドラフト1位新人、吉川尚輝選手もフリー打撃、二塁の守備位置に入っての投内連係プレーなどではつらつとした動きを見せていました。吉川尚選手は「もう塁間などは思い切って投げられます」と明るい表情で、「三軍で始めたことで、技術を基本から叩き込めたという意味もありました。出来るだけ早く万全な状態にしたいと思います」と決意を語っていました。

 「宮崎に入ってからは、自分たちのライバルとなる二軍選手と同じ場所での練習になる。そこからが勝負」とミーティングで話した川相監督。ジャイアンツ球場でのキャンプを総括して、「天候もよく、選手も自分たちの課題を順調にこなしたと思う。宮崎で、それをさらに進めてほしい」と語っていました。三軍は13日朝早くの飛行機で宮崎入り、午後には早くも練習を開始します。