GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

4月29日 対ヤクルト7回戦・神 宮

長野のタイムリーで九回に1点返すも…連勝ストップ

写真

2番手で登板、好投を見せた宮國

写真

6回2死、坂本がセンター前ヒット

写真

9回2死3塁、長野がタイムリー3塁打を放ち1点を返す

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの7回戦。巨人先発のポレダは立ち上がりから不安定な投球で、4回3失点と粘ることができなかった。打線もヤクルト先発・石川の前に、八回まで散発3安打に抑え込まれる。九回に長野のタイムリー三塁打で1点を返すが、反撃もここまで。5安打に抑え込まれた巨人は1対4で敗れ、引き分けを挟み連勝は3で止まった。

 巨人打線は初回、先頭の立岡が遊撃内野安打で出塁する。しかし、後続が倒れこの回は無得点。その後も石川を打ちあぐね、二回からは3イニング連続で三者凡退に抑えられる。

 先発のポレダは二回、連打とバッテリーミスで無死二、三塁のピンチを招く。そして中村に2点タイムリーヒットを浴び、先制を許した。さらに続く三回、先頭の山田に四球を与え、失策なども絡み一死三塁とされる。すると雄平にタイムリーヒットを打たれ、序盤から3点のビハインドを背負う。

 反撃したい打線は五回、一死から亀井が二塁打でチャンスをつくる。二死一、二塁となったところで、由伸監督はポレダの代打に相川を送り出す。しかし相川は三塁ゴロに打ち取られ、得点とはならなかった。

 巨人はその裏から継投に入る。2番手としてマウンドに上がった宮國は、2イニングを投げ1安打無失点に抑える好投を見せた。七回は戸根が登板。二死から四球とヒットで一、二塁のピンチを迎える。ここでバレンティンにもヒットを打たれるが、左翼手・亀井が本塁に好返球。二塁走者の川端は本塁でタッチアウトとなり、失点を防いだ。

 打線はその後も石川を攻め切れない。六回には、二死から坂本がヒットを放つも、続くギャレットは二塁ゴロに倒れた。

 八回、4番手として公文がマウンドに。しかし、中村にタイムリー二塁打を許し、点差を広げられる。なおも一死満塁の場面で、5番手に田原誠が登板。代打の坂口を併殺打に仕留め、打線に望みを託した。

 0対4で迎えた九回、一死から坂本が右中間への二塁打で反撃の足がかりをつくる。二死後、長野が左中間にタイムリー三塁打を放ち、ようやく1点を挙げた。ヤクルトは石川に代え、守護神のオンドルセクを投入する。さらに追加点を挙げて追い付きたいところだったが、亀井が打ち取られ、試合終了。ヤクルトとの対戦成績は4勝3敗となった。(文中敬称略)

監督インタビュー

(序盤の失点が痛かったですね?)点が取れないのもね

Q:打線は最後に粘りましたが、序盤の失点が痛かったですね

それもそうですけど、点が取れないのもね、両方あったと思います

Q:石川投手が良かった点は

相手のことは分かりませんよ

Q:ポレダ投手は点の取られ方が・・・

(これまでと)同じような感じですね。変わっていないという気はします

Q:起用法を変えるプランも?

いや、今は特に考えていません。終わったばかりですからね

順位表