GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月1日 対ヤクルト9回戦・神 宮

亀井の先制タイムリーも逆転負け…山本がプロ初安打

写真

先発の高木勇

写真

1回、片岡がチーム初ヒットとなるツーベースヒット

写真

9回、先頭の代打・山本がプロ初打席で初ヒット

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの9回戦。巨人は初回、二死満塁から亀井が中堅に2点タイムリーヒットを放ち先制に成功する。しかし、先発の高木勇は二回に3点を失い逆転を許すと、三回、五回と山田に2打席連続ホームランを打たれ、5回を投げ計6失点。リリーフ陣も失点を重ね、結局、今季チームワーストの11失点、今季初の3連敗でリーグ2位に後退した。

 ヤクルト先発は原樹。

 巨人は初回、先制に成功する。一死から片岡が中堅前にゴロヒットを放つと、積極的な走塁で二塁を陥れる。ギャレット、長野の四球で二死満塁とすると、続く亀井は中堅に2点タイムリーヒット。巨人は前日に続き、初回に先制した。

 先発・高木勇は、初回を三者凡退と上々の立ち上がり。しかし二回、一死満塁のピンチを迎えると、中村の犠牲フライで1点を返される。さらに、続く原樹に2点タイムリー二塁打を浴び、2対3と逆転を許す。続く三回には、山田にソロホームランを打たれ、五回にも2打席連続となる2ランホームランを浴びる。高木勇は5回を投げ6失点の内容だった。

 リリーフ陣も失点を重ねてしまう。七回には、公文がバレンティンに3ランホームランを打たれ、八回にも、宮國が川端に2点タイムリーを許してしまい、反撃への流れを作ることができない。

 打線も、ヤクルト投手陣を打ち崩せない。七回、立岡、片岡の連続ヒットで一死一、二塁のチャンスを作るが、後続が倒れ得点を奪うことはできなかった。九回には、ドラフト5位ルーキーの山本が代打でプロ初出場し、左翼にプロ初ヒットを放つが後続がなく、2対11のまま試合終了。今季初の3連敗で、ヤクルトとの対戦成績は4勝5敗となった。(文中敬称略)

監督インタビュー

(プロ初打席初安打の山本選手は)いいバッティングをしましたね

Q:高木勇投手は投手に打たれましたが

見ての通りじゃないですかね

Q:同じような点の取られ方が続いています

ねえ。その通りじゃないですか

Q:二回を1失点で踏みとどまっていれば・・・

たら、ればを言ったらキリがありませんよ

Q:神宮では、いいようにやられているようです

いいようにというか、同じバッターに打たれている。考えなくちゃいけませんね

Q:(プロ初打席初安打の)山本選手がアピールしました

いいバッティングをしましたね

Q:連敗が長くならないようにと?

そうですね。勝ったり負けたりするわけですから

順位表