GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月4日 対広 島7回戦・東京ドーム

投手陣8与四球、広島に敗れ首位陥落…辻はプロ初ヒット

写真

6回、タイムリーヒットを放った小林誠

写真

6回、辻がライト前にプロ初ヒット

写真

8回1イニングを無失点に抑えたメンドーサ

  東京ドームで行われた広島東洋カープとの7回戦。巨人先発の江柄子は相手先発の野村に2打席連続タイムリーを浴びるなど、5回途中5失点で降板した。打線は六回、二死から辻のプロ初ヒットなど4連打で1点を返したが、「あと1本」を欠き、追加点を奪えない。結局、打線は計11安打を放ちながらも最少得点。投手陣は8与四球と安定感を欠き、2位の広島に1対6で敗戦。首位の座を明け渡した。

 江柄子は初回、立ち上がりを攻められて一死一、二塁のピンチを背負うが、新井を三振に仕留めるなど後続を断ち、無失点で切り抜けた。

 一方、巨人打線は初回、片岡のヒットと盗塁、坂本の四球でチャンスを作ったが、菊池のファインプレーに阻まれるなどして得点には結びつかなかった。

 江柄子は二回、安部のヒットと盗塁で一死二塁のピンチを背負う。石原を打ち取って二死としたが、続く野村には右翼前に運ばれ、長野のスライディングキャッチも及ばずタイムリーヒットに。江柄子は不運な形で先制を許した。

 三回は三者凡退に抑えた江柄子だったが、四回は2つの四球などで二死一、三塁とされる。ここで再び野村に右翼前へのタイムリーを浴び、2点目を奪われた。

 五回、江柄子は先頭打者に四球を与えると、丸にヒットエンドランを決められて無死一、三塁のピンチを招く。一死後、松山にタイムリーを浴び3点目を失ったところで江柄子は降板。2番手の田原誠は鈴木にタイムリーヒットを浴び、味方の送球エラーも重なって2点を奪われる。巨人は0対5とリードを広げられた。

 打線は六回、二死から亀井・村田・小林誠に三連打が飛び出して1点を返す。さらに途中出場していた辻がプロ初ヒットをライト前に放って満塁とし、野村をマウンドから引きずりおろした。しかし、続く立岡は2番手の今村に打ち取られ、追加点は奪えなかった。

 3番手としてマウンドに上がった宮國は六回を三者凡退に抑えたものの、七回には安部にタイムリーを打たれて1点を失った。

 八回はメンドーサ、九回は公文が無失点に抑えたが、打線は広島リリーフ陣から走者を出しながらも得点をあげられず、1対6で試合終了。打線は広島の9安打を上回る11安打を放ちながらも1得点。投手陣は8四球を与えて自らピンチを招き、1日で首位の座を広島に譲った。広島との対戦成績は5勝2敗となった。(文中敬称略)

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(辻は)プロ初ヒットが出て良かった

Q:江柄子投手はいかがでしたか

久しぶりで慎重になったのか分かりませんが、少しリズムが悪かったですね。ボール球が先行していました

Q:相手のピッチャーに(適時打を)打たれましたが

打ち取って、(野手の)間に落ちてしまいました。打たれたという感じではないですね。あれは、野手も捕ってあげてほしいところです

Q:打線は六回、集中打を見せました

うーん・・・。たくさん点が取れたわけじゃないので、何とも言えないですけど

Q:(プロ初安打の)辻選手は積極的に振っていきましたね

そうですね。初ヒットが出て良かったと思います

順位表