GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月26日 対広 島11回戦・マツダ

大竹の今季初登板飾れず 5連敗で勝率5割

写真

今季初登板で6回3失点の大竹

写真

1回1死3塁、坂本が先制のタイムリーヒット

写真

6回、犠牲フライで重信が同点のホームイン

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの11回戦。巨人打線は初回、重信の左中間への三塁打と坂本のタイムリーで1点を先制する。一方、今季初登板の先発・大竹は初回と二回にそれぞれソロホームランを浴び、逆転を許してしまう。反撃を狙う打線は六回、重信のこの日二本目の三塁打などで一死二、三塁とし、クルーズの犠牲フライで同点に追いつく。しかしその裏、大竹は3四球など一死満塁のピンチを迎えると、安部に犠牲フライ、この回無安打で勝ち越される。大竹は結局6回3失点で降板。打線も終盤はあと1本が出ず、今季初の5連敗で貯金がなくなり、勝率は5割に戻った。

 広島先発は九里。
打線は初回、一死からルーキー・重信が左中間への三塁打を放つと、坂本の右翼へのタイムリーヒットで先制に成功する。

 投げては今年初先発の大竹が、初回一死、菊池に左翼へのソロホームランを浴び、すぐさま同点に追いつかれてしまう。続く二回にも鈴木に一発を浴び、勝ち越しを許す苦しい投球だったが、その後は五回まで走者を出しながらも追加点は許さず、味方の反撃をまつ。

 大竹を援護したい打線は六回、重信がこの日2本目の三塁打を放ち、坂本の四球と盗塁で一死二、三塁と逆転のチャンス。クルーズは左翼への犠牲フライで同点。なおも二死二塁の場面でアンダーソンが内野ゴロに倒れ、逆転ならず。

 その裏、大竹は先頭の丸に四球を許し、さらに暴投と二つの四球で一死満塁のピンチを迎えると、安部の右翼への犠牲フライで2対3、この回無安打で勝ち越されてしまう。大竹は6回3失点で降板し、七回からは山口、戸根、宮國とリレー、リリーフ陣が無失点で切り抜け、最終回へと望みをつなぐ。

 連敗脱出を狙う巨人は最終回、先頭の坂本のヒットと鈴木尚の代打・相川の四球で二死一、二塁とチャンスを作ったが、村田が内野ゴロに倒れ、試合終了。今季初の5連敗を喫し、勝率を5割とした。


監督インタビュー

東京に帰って、少し流れが変わってくれればと思います

Q:今季初登板の大竹投手はいかがでしたか

ツキがなかったところもあるし、まあまあ良かったんじゃないかと思います

Q:六回は、点の取られ方がもったいなかったですね

そうですね。ノーヒットで失点しましたからね。でも、良く投げた方じゃないですか

Q:打線は九回に粘りました

粘って、もう一歩というところまで試合ができましたしね。東京に帰って、少し流れが変わってくれればと思います

Q:重信選手は左越え三塁打などパンチ力もある、違った一面を見せたのではないですか

キャンプのころから強さは感じていました。失うものはないですから、どんどんいいところを出してほしいと思います

Q:連敗脱出のために選手が何とかしてくれるのを待つか、ベンチ主導で何か手を打つのか、どちらでしょうか

(ベンチが何か)やるも何も、最終的にやるのは選手ですからね

順位表