GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月27日 対阪 神8回戦・東京ドーム

粘投の菅野に援護なく…完封許し連敗脱出ならず

写真

7回1失点・自責点0の粘投を見せた菅野

写真

3回、重信がヒット性の飛球をダイレクトキャッチ

写真

8回、9回を1四球に抑えたマシソン

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの8回戦。巨人先発の菅野は立ち上がりを攻められ、味方のエラーもあって初回に先制点を許してしまう。2回以降は徐々に調子を上げ、7回1失点でマウンドを降りたが、打線が阪神・岩貞の前に沈黙。3安打に封じ込まれ、0対1で完封負けを喫した。菅野は自責点0ながらも今季初黒星。チームは6連敗となった。

 菅野は初回、いつもとはまるで違う不安定な立ち上がり。一死後、板山に四球を与え、福留には左翼へのヒットを許して一、二塁に走者を背負う。続くゴメスは遊撃への内野安打。この打球を坂本が三塁に悪送球し、ボールが転々とする間に板山が生還。阪神が1点を先制した。菅野は原口にも死球を与え、なおも一死満塁とされるが、続く高山を遊撃併殺打に仕留め、最少失点で切り抜けた。
 
 菅野は二回、先頭の今成にヒットを許すが、続く大和の右中間方向への打球を重信が好捕するなどして無失点で切り抜ける。菅野は三回、四回を三者凡退で片付け、徐々に調子を上げて行く。

 一方、打線は三回まで1安打1四球と岩貞攻略の糸口を見出せない。四回、重信、坂本が連続四球を選ぶなどして二死一、三塁のチャンスを迎えるが、ここは岡本が空振り三振に倒れ、得点には結び付けられない。

 援護をもらえない菅野は五回、六回と走者を許したが、要所を締めるピッチングで得点は許さない。七回も鳥谷に四球を与えたものの、無失点に抑え、7回1失点・自責点0の粘投を見せてマウンドを降りた。

 打線は中盤以降も岩貞に苦戦し、五回以降は走者を三塁に進めることもできない。

 菅野の後を受けたマシソンは八回、九回を無失点に抑えて味方の反撃を待つ。しかし、打線は八回、九回ともに三者凡退。3安打無得点で、巨人は阪神に完封負けを喫した。菅野は今季初黒星。巨人は2007年7月以来となる6連敗を喫した。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(岡本は)出るチャンスがあれば思い切ってやってほしいと思います

Q:岩貞投手は好投していましたが、つけ入る隙もあったように感じますが

そうですね。チャンスらしいチャンスは、そんなにたくさんはなかったですけど。いずれにしても(防御率など)数字が物語っている通り、いいピッチャーだと思いました

Q:各打者に工夫がほしいところでしたか

工夫も何も、いつも言っている通り、打席に立ったらピッチャーとの勝負です。そこで好結果を残す以外にないと思います

Q:岡本選手は多少、気負いがありましたか

結果がどうあれ、思い切ってやってくれればいいと思います。まだスタートしたような、していないような選手ですから、出るチャンスがあれば思い切ってやってくれたらいいと思います

Q:チームとしては苦しい状態ですけど、心掛けるべきことは何でしょうか

試合は毎日あるわけですから、目の前のことに一生懸命、最善を尽くすしかありません。(勝っても負けても翌日に)続きをやるわけではないので

順位表