GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月17日 対中 日16回戦・ナゴヤドーム

村田の2試合連続先制弾も…逆転許し連勝止まる

写真

先発の内海

写真

7回、先制ソロを放ちダイヤモンドを回る村田

写真

8回、先頭の小林誠がレフトへのヒットで出塁

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの16回戦。巨人・内海、中日・バルデスの両先発の好投で、六回まで0対0の緊迫した投手戦が続いたが、七回、村田の2試合連続となる16号ソロホームランで先制する。しかしその裏、同点に追い付かれると、八回には、2番手・マシソンが代打・高橋、大島に連続タイムリーを浴びて勝ち越しを許す。九回、先頭の坂本が内野安打で出塁するが、後続が倒れ試合終了。巨人の連勝は「2」で止まった。

 初回、内海は三塁までランナーを進めたが、後続を打ち取り得点を与えなかった。その後は、四回から3イニング連続三者凡退など、危なげない投球でスコアボードに0を並べる。

 一方の打線は、中日・バルデスの前に六回まで2安打に抑えられたが、七回、村田が左翼席に16号ソロホームランを放ち、前日に続き先制に成功する。

 しかし、その裏、内海は二塁打と四球などで一死一、三塁のピンチを作ると、代打・藤井の二塁ゴロの間に1点を失い、同点とされてしまう。

 内海は八回、先頭の堂上のヒット、杉山の犠打で一死二塁となったところでマウンドを2番手・マシソンに託す。しかし、マシソンは代打・高橋と大島に連続タイムリーを浴び、1対3とリードを許す。

 反撃したい打線は九回、先頭の坂本が内野安打で出塁するが、阿部は空振り三振、村田は三塁併殺打に倒れ、試合終了。連勝は「2」で止まり、中日との対戦成績は6勝9敗1分となった。

監督インタビュー

(内海投手を)何とか援護してあげたかったですね

Q:内海投手は非常に粘り強く投げていましたが

良かったと思います。何とか援護をしてあげなければなりませんでした

Q:きのう、きょうと得点は村田選手の本塁打だけでした

点が入らないと、苦しい展開になりますね

Q:終盤、いいところまで攻めていたと思いますが

もう1点、何とか取りたいところで取り切れませんでした。仕方ないですね

Q:打線に求められるのは、好不調にかかわらず、がむしゃらに点をとる姿勢ですね

それ以外にないでしょうね

順位表