GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月23日 対阪 神8回戦・甲子園

バッテリーの活躍で阪神に先勝!菅野は7回無失点で今季6勝目

写真

7回無失点で6勝目を挙げた菅野

写真

七回、小林の右翼線二塁打で貴重な先制点

写真

七回二死から右中間二塁打の石川

 甲子園で行われた阪神タイガースとの8回戦。試合は中盤まで巨人先発・菅野と阪神先発・秋山の投手戦が繰り広げられ、両軍六回まで無得点が続く。均衡が破れたのは七回。二死一、二塁の場面で小林が適時二塁打を放ち、巨人が先制に成功する。その裏、菅野は無死一、二塁と大きなピンチを迎えたが、後続を圧巻の三者連続三振で切り抜けた。7回を6安打無失点に抑えた菅野は、ハーラートップとなる6勝目を挙げ、阪神との3連戦に先勝した。

 巨人先発は、6勝目を狙うエース菅野。三回、連打と送りバントで一死二、三塁のピンチを招き、阪神打線のクリーンアップを迎える。ここは糸井を左飛、福留を左邪飛に打ち取り、序盤3イニングを無失点で終える。

 一方の打線は阪神先発・秋山を攻めあぐね、菅野を援護できない。五回、一死から石川が遊撃内野安打で出塁する。中井の二ゴロの間に二進すると、小林も四球を選び二死一、二塁とチャンスを広げた。しかし、菅野は一飛に倒れ、先制はならなかった。

 菅野は四回以外、毎回のように走者を出す苦しい投球が続く。六回も安打と四球で二死一、二塁とされたが、後続を断った。要所を抑え、この回もスコアボードに0を並べる。

 巨人打線は秋山の前に、6回を3安打無得点に抑え込まれる。七回も簡単に二死とされたが、石川が右中間へ二塁打を放つ。続く中井は敬遠気味の四球で歩かされ、二死一、二塁の場面で打席に小林を迎える。小林はカウント2-2からの5球目を捉え、右翼線への適時二塁打で待望の先制点を挙げた。

 その裏、阪神は代打攻勢で球数が100球に迫った菅野を攻め立てる。菅野は安打と自らの野選で、無死一、二塁のピンチを招く。しかし、ここでエースが真骨頂を発揮する。高山、上本、糸井の上位打線を三者連続三振に仕留め、見事無失点で切り抜けた。

 巨人は八回から継投策に入る。2番手でマウンドに上がったマシソンは、阪神打線を三者凡退に抑えた。1対0のまま迎えた九回は、守護神のカミネロが登板。ボールが先行し、先頭の糸原に安打を許す。その後盗塁を決められ二死二塁とされたが、高山を中飛に打ち取り、試合終了。1点を守り切った巨人は、阪神との対戦成績を4勝4敗の5分に戻した。7回無失点で勝利投手の菅野は今季6勝目、プロ入り通算50勝目を挙げた。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

苦しいゲームでしたが、全員でよく守りましたし、何とかみんなで1点を取れました

Q:息詰まる一戦でしたね

なかなか点が取れなくて、苦しいと言えば苦しいゲームでしたが、全員でよく守りましたし、何とかみんなで1点を取れました。ナイスゲームだったと思います

Q:先発の菅野投手は、前回の東京ドームでの借りを返すという気迫を見せました

何度かピンチもありましたが、力でねじ伏せたというか、気迫のこもったというか、そういうピッチングをしてくれました

Q:七回のピンチは三者三振で切り抜けましたね

一つ(送りバント処理後の自らの野選という)ミスがあって、このピンチを自分で何とかしてやろうという思いがあったのでしょうね

Q:この回限りで交代となりましたが

絶体絶命と言ったら何ですが、かなりのピンチで力を出し切ってくれましたからね

Q:打線は、小林選手が打ちました

(成績の)数字はいいものではないですけれど、ここぞというところで1本打ってくれました。今後もそういうところに期待したいと思います

Q:上位2チームとの6連戦で、初戦が大事だとおっしゃっていました

きょうは最初ですから当然、大事だと言いましたが、どんな試合も大事です。あした、また勝てるように最善を尽くします

ヒーローインタビュー

小林選手と絶対に今日は勝とうと言っていたので、よかったです

写真

Q:前々回のリベンジを果たしましたね

そうですね、チームも相当の覚悟を持って、この3連戦に入っていると思うので、まず初戦を取れたというのは大きいと思います

Q:どんな思いでマウンドに上がりましたか

前回、阪神にやられてからずっとバッターの研究もしましたし、キャッチャーの小林選手とも絶対に今日は勝とうと言っていたので、よかったです

Q:その中で7回無失点の好投でした

もっと長い回を投げなきゃいけないなと。最低でもあと1回(投げないといけない)。ちょっと七回はばたついてしまったので、そこは反省点です

Q:先制点の後、ピンチを招きましたが、三者三振に抑えました

そうですね、自分で招いたピンチだったんですけど、いつもそういうときのために余力を残しているというか、ギアをあげる練習をここまでずっとやっているので、いつも通りできました

Q:ハーラートップの6勝目、いい形で交流戦に臨めますね

パ・リーグはいいバッターがそろっていると思うので、また交流戦の開幕も僕がいくと思うので、勝ってチームに勢いをつけたいなと思います

順位表