GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月25日 対阪 神10回戦・甲子園

桜井、池田の若手投手が好救援も、序盤の失点響き連勝ストップ

写真

3回1安打無失点の桜井

写真

2回パーフェクトの池田

写真

二回二死二塁、小林が中前に適時打

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの10回戦。巨人は先発の大竹が立ち上がりに捕まる。初回、上本の左中間適時二塁打、キャンベルの中越え2点本塁打などでいきり4点を失う。打線は二回に阪神先発・メッセンジャーから小林が中前適時打を放ち1点を返す。立ち直りの兆しが見えない大竹は三回にもキャンベルの適時二塁打などで2点を失う苦しい投球で、3回6失点で降板。四回以降は池田、桜井の若手投手陣が好救援を見せ阪神打線を1安打に封じ追加点を許さなかった。しかし、打線がそれに応えられない。阪神投手陣の前に六回以降1安打に封じられ、計11三振を喫した。1対6で敗れた巨人は連勝が「3」でストップした。

 大竹は初回、先頭の糸井に中前打を許すと、続く上本に左中間適時二塁打を打たれ先制を許す。その後味方の失策も絡み、キャンベルに中越え2点本塁打を浴びるなどこの回一挙4失点。苦しい立ち上がりとなった。

 打線は二回、この回先頭のマギーが右前打で出塁すると、二死二塁から、小林が中前にぽとりと落ちる適時打を放ち1点を返した。

 立ち直りたい大竹だったが三回、先頭の福留に中前打で出塁を許すと、一死二塁からキャンベルに右中間へ適時二塁打、梅野にも適時打を許し、2点を追加される。

 四回からは2番手の左腕・池田がマウンドへ。小気味良い投球で阪神打線を2イニング連続で三者凡退に抑えた。

 打線は五回、途中出場の脇谷が中前打で出塁。長野、立岡が見逃し三振の後、坂本がうまく右前打に運び二死一、三塁の好機を演出。しかし阿部は左飛に倒れ、反撃ムードを盛り上げることができない。

 六回からは桜井が登板。危なげない投球で阪神打線を封じる。3回を投げ1安打無失点と好救援をみせ、味方の反撃を待った。

 肝心の打線だが六、七、八回と立ち直ったメッセンジャーの巧みな投球術にほんろうされ、走者を出すことすらできない。

 九回二死、この回から登板した阪神2番手のマテオから、桜井の代打・辻が久しぶりの安打となる右前打で出塁。さらに相川の打席で二進したが、相川は右飛に倒れ試合終了。巨人の連勝は「3」でストップした。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(池田と桜井は)ほぼ完ぺきに近いぐらい、きっちり投げてくれました。

Q:大竹投手は初回に4点取られて、何とか立て直してほしいところでした

そうですね。そうしてもらわないと困るんですけどね

Q:最近、あまり投球内容が良くないですね

同じようなピッチングが続いているという感じですね。(守備に)足を引っ張られた部分も多少、ありますが

Q:大竹投手ほどのキャリアがある人は、最少失点で抑えてほしいですね

それは別に、キャリアうんぬんではないでしょう。何とか少ない失点で、というのは誰でも同じことですよ

Q:リリーフの池田、桜井両投手は与えられた場所で好投しました

良かったと思います。2人は、ほぼ完ぺきに近いぐらい、きっちり投げてくれました。これからの選手ですし、こういったピッチングを続けていけば、今後につながると思います

Q:メッセンジャー投手に対し、序盤に球数を投げさせるなどして食い下がりましたが

それは悪いことではないのですが、球数を投げさせる競技じゃないですから。その前に(得点を重ねるという)結果を出せればいいわけですし

Q:序盤にあれだけ点を取られると、追うのも苦しくなります

ふつうにいけば、そんなにたくさん点を奪える相手じゃないですからね。何とか接戦に持ち込んで、取らなければならない試合だったと思います

順位表