GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月6日 対広 島14回戦・マツダ

シーソーゲーム制せず惜敗…プロ初登板初先発の畠は4回4失点

写真

一軍初先発を果たした畠

写真

フライを好捕した陽

写真

2本の適時打を放った村田

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの14回戦。巨人は、ドラフト2位ルーキーの畠が、プロ入り後初めて先発登板した。ルーキーを援護したい打線は初回、村田の適時打などで2点を先制する。打線の援護をもらった畠だったが、その裏に1点失うと、三回には2点を追加され逆転を許してしまう。四回以降、巨人は村田の適時打などで3度同点に追いつくも、直後に広島が1点勝ち越すというシーソーゲームの展開に。5対5で迎えた七回、三番手の西村が丸にソロ本塁打を浴びてしまう。結果的にこの一打が決勝点となり、巨人は5対6で敗戦。畠は4回を投げて4失点と、プロ初登板初先発を白星で飾ることは出来なかった。惜敗を喫した巨人は、連勝が「2」でストップ。広島との対戦成績は3勝11敗となった。

 打線は初回からジョンソンを攻め立てる。先頭の長野が四球で出塁し、続く山本の打席ですかさず二盗、無死二塁のチャンスを作る。二死後、村田の左前適時打で先制に成功。さらにマギーが右翼線に二塁打を放ち、相手野手が打球の処理を誤る間(記録は右翼手の失策)に村田が生還し、2点目を挙げた。

 プロ初登板初先発となった畠は初回、鈴木に適時二塁打を打たれ、1点を追い上げられてしまう。さらに三回、丸にソロ本塁打を浴び同点とされると、その後一死一、三塁の場面でエルドレッドに犠飛を許し、2対3と逆転されてしまう。

 直後の四回、打線は相手の失策も絡み二死二塁のチャンスを迎えると、小林が中前適時打を放ち、同点に追いつく。しかしその裏、畠が菊池に適時打を打たれ、勝ち越しを許してしまう。畠は四回まで投げ切ったところで降板。先発デビュー戦は5安打4失点の内容だった。

 追いかける打線は五回、二死から坂本が二塁打を放つと、続く村田にこの試合2本目の適時打が飛び出し、試合は再び同点に。スコアは4対4となった。

 五回、畠に代わって巨人のマウンドには高木勇が上がる。この回はリズム良く三者凡退に抑えるも、六回に適時打を許し、またも広島に勝ち越し点を与えてしまう。

 リードを許した巨人だが、打線が追いすがる。七回、先頭の小林が二塁打で出塁。その後、代打・實松の犠打などで二死三塁とする。ここで山本が三遊間を破る適時打を放ち、またも同点に追いつく。しかしその裏、3番手で登板した西村が、丸にソロ本塁打を浴びて5対6。この試合4度目の勝ち越し点を許してしまう。

 1点ビハインドのまま八回を無得点で終えた打線は九回、一死から立岡が四球を選び、同点のランナーが出塁。後続に望みをかける。しかし、森福の代打・阿部と、長野が連続空振り三振に切って取られゲームセット。5対6で敗戦した。両軍が得点を奪い合うシーソーゲームを制すことができなかった巨人は、連勝が「2」でストップ。広島との対戦成績は3勝11敗となった。


監督インタビュー

(畠投手は)楽しみな部分がたくさんありました

Q:打線は粘り強く攻め続けました

効率良くというか、タイムリーヒットも出ましたし、いい形で得点できていました

Q:勝負強さが見られましたね

そういうところが出ましたので、今後につながってくれればいいですね

Q:初登板の畠投手はいかがでしたか

悪いとは思わなかったですが、ストライクを取るのに精いっぱいとなってしまう場面が、いくつかありましたね。それ以外は、楽しみな部分がたくさんありました

Q:この経験を次に生かしてほしいですね

経験というより、きょう初めて投げたわけですからね。誰もが通る道ですし、これから一つずつ、積み上げていけばいいと思います

Q:シーズン後半戦で戦力として期待できそうですか

なってほしいなと思います。楽しみにしていますし、期待もしています

順位表