GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

9月30日 対阪 神24回戦・東京ドーム

村田が2試合連続の一発も、打線は好機生かせず連勝ストップ

写真

二回、2試合連続の本塁打を放った村田

写真

急きょ登板し、力投した中川

写真

2回を無失点に抑えた田原

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの24回戦。巨人は先発の畠が試合開始からわずか4球で危険球退場。序盤からリリーフをつぎ込む展開で早々に2点を失うも、二回に村田のソロ本塁打で1点を返す。その後は両軍走者を出しながら、互いに得点を奪えない。しかし5番手・マシソンが七回、八回に本塁打を含め3点を失い、一気に阪神に突き放された。打線も終盤は3イニング連続で三者凡退と元気なく、1対5で試合終了。連勝が「4」でストップした巨人は、クライマックスシリーズ進出に向けて痛い一敗となった。

 初回、巨人先発の畠は先頭の俊介に3球目を打たれ、これが二塁打に。さらに続く上本への初球が頭部への死球となり、畠はわずか4球で危険球退場。無死一、二塁で中川が緊急登板するも一死二、三塁から福留の内野ゴロ間に1点の先制を許す。

 阪神先発は岩貞。初回は陽とマギーの連打で無死一、二塁としてクリーンアップに打順を回すが坂本が遊ゴロ、阿部が二塁併殺打に打ち取られ無得点に終わる。

 二回は中川が俊介の適時二塁打で2点目を失うも、その裏、村田の2試合連続となる左越えソロ本塁打で1点差に詰め寄る。

 四回は二死満塁、五回は二死一、二塁と岩貞を度々攻め立てるが、いずれも得点に結びつかない。六回には阪神2番手の藤川から二死一、二塁の好機を作るが代打の亀井が倒れ、ここも無得点。一方の投手陣も田原が四回から2イニング、池田が六回の1イニングを無失点に抑える好リリーフを見せ、緊張感あるゲームが続いた。

 両チーム共に追加点が欲しい中、七回、5番手のマシソンが俊介に右越えソロ本塁打を浴びて1対3。試合の流れが阪神に傾くと、マシソンは八回にも2点を奪われ、計3失点。4点のビハインドを負う苦しい展開となる。

 意地を見せたい打線も、終盤は阪神の勝ちパターン継投の前に沈黙。七回は桑原、八回はマテオの前に三者凡退に終わる。

 マシソンの後を受けた篠原は無失点でしのぎ、1対5のまま九回の攻撃へ。しかし阪神の抑え・ドリスにここも三者凡退に抑えられ、試合終了。畠が4敗目を喫した。巨人の連勝は「4」でストップ。3位のDeNAも敗れたためゲーム差は「0.5」のままも、痛い一敗となった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

いつもと同じような、「あと、もう1本が」というところでした

Q:打線はチャンスを作りましたが

いつもと同じような、「あと、もう1本が」というところでした

Q:初回に畠投手の(危険球退場という)アクシデントがありましたが、村田選手の一発で流れを取り戻しかけました

何とかピッチャーが粘っていましたので、粘っている間に1点でも取れたら良かったのですが、仕方ないですね

Q:リリーフ陣は本当に踏ん張っていました

そうですね。スコット(マシソン投手)が打たれましたが、一番というぐらい信頼しているピッチャーで、こういう形になりました。だから、仕方ないと思いますよ

Q:畠投手は悔しい思いをしたでしょう

投げていれば、こういうこともあります。すべてが彼にとって経験になりますし、成長の糧にしてほしいですね

Q:当たり前の話ですが、目の前の戦いに全力を尽くすしかありません

そうですね。当然、(最終順位が)決まるまでは、とにかく目の前の試合を勝ちにいきます。そこは変わりません

順位表