GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

3月30日 対広 島2回戦・マツダ

ゲレーロ3安打4打点、ヤングマン好投…投打かみ合い今季初勝利

写真

ゲレーロが3安打4打点の活躍

写真

ヤングマンは6回1失点の好投

写真

クックが九回を三者凡退に抑え、来日初セーブ

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの2回戦。巨人打線は四回、二死一、二塁からゲレーロが左翼線に2点二塁打を放ち先制する。1点差に迫られた六回には、再びゲレーロが中前に2点打をはじき返し貴重な追加点を挙げた。先発のヤングマンは再三走者を出しながらも6回4安打1失点の好投。最後は新守護神・クックが三者凡退で締めて来日初セーブを挙げた。巨人は3安打4打点の活躍を見せたゲレーロを筆頭に外国人選手の活躍が光り、今シーズン初勝利を飾った。

 巨人先発のヤングマンは初回、先頭の田中広に四球を与えると、味方の失策も絡み一死一、三塁のピンチを招く。しかし、続く鈴木を空振り三振、松山を遊ゴロに打ち取り先制を許さない。その後、ヤングマンは尻上がりに調子を上げ走者を背負うものの得意のカーブを巧みに使い無失点に抑えていく。

 巨人打線は広島先発・床田のコーナーを突く投球の前にチャンスを作れずにいたが四回、丸が四球を選ぶと陽が右前打でつなぎ二死一、二塁の好機を作る。ここで打席には、今月5日のオープン戦で床田から2安打を放っているゲレーロ。ゲレーロは詰まりながらも左翼線に落とす二塁打を放ち、巨人が2点を先行する。

 リードをもらったヤングマンだったがその裏、鈴木に甘く入った変化球をレフトスタンド上段に運ばれ1点差に迫られてしまう。

 追加点が欲しい打線は六回、先頭の丸が四球で出塁すると岡本が右越え二塁打で続き無死二、三塁とチャンスを広げる。一死後、広島ベンチはゲレーロの打席で床田に代えて右腕ヘルウェグを送る。ゲレーロはこの代わり端を捉え、2打席連続の適時打となる2点打を中前に運び、貴重な追加点をたたき出した。

 ヤングマンは再三走者を背負ったが、6回を投げて4安打1失点にまとめて2番手・吉川光にスイッチ。しかし、吉川光は先頭の野間に右越え三塁打を許し、會澤の二ゴロの間に1点を失う。

 2点リードの八回、原監督がセットアッパーとして送り込んだのは中川。中川は内野安打と失策で二死二塁のピンチを背負ったが後続を断ち、広島打線の追撃を許さない。打線は九回、3四球で一死満塁のチャンスを作ると、岡本の遊ゴロの間に1点を奪い、再び点差を3に広げた。最終回は新守護神・クックが登板し、三者凡退で危なげなく締めた。

 巨人はゲレーロが3安打4打点と大暴れし、ヤングマンが6回4安打1失点の好投。クックも三者凡退で来日初セーブを挙げた。外国人選手が投打に活躍し、今シーズンの初勝利を飾った。


監督インタビュー

1勝目だね、初勝利だ、ばんざい!

Q:ゲレーロ選手が4打点をあげました

大きいですね。非常にいい場面で打ってくれたし、非常に価値ある4打点だと思います

Q:丸選手の四球から打線がつながる場面がありました

そうですね。まあ、5点というのが一つ、目標にして置いている点数ですから

Q:(3番手の)中川投手の投球は

あそこの場面でいい投球をしてくれたというのは大きい。今年のブルペンは若い人が多いので、1戦1戦、自信をつけていってもらいたい

Q:4年ぶりの勝利ですね

1勝目だね、初勝利だ、ばんざい!

ヒーローインタビュー

「監督の采配にしたがって、力の限りをつくすということに尽きます」3安打4打点のゲレーロ

写真

Q:今シーズン初スタメンで、すばらしい活躍でしたね 

広島には去年からいつもやられていて、非常に難しいチームで、難しいスタジアムなんですけど、その試合で、自分が出られた初めての試合で、チームに貢献できる活躍ができたということを、非常にうれしく思っています 

Q:先制点の場面を振り返ってください 

3-2のカウントでバットに当てるということに集中して、スイングが大きくならないように、ショートスイングを心がけてできた結果だと思います 

Q:第3打席で相手ピッチャーが長身右腕(ヘルウェグ)に代わった場面では、どのような意識だったんでしょうか 

ゾーンに来たら思い切ってはじき返そうという、シンプルな気持ちでできた結果だと思います 

Q:4年ぶりに復帰した原監督の1勝目になりました 

広島でこれができたことがすごくうれしいです。簡単な球場ではなかったので 

Q:ジャイアンツに来て2年目のシーズンです。どんなシーズンにしたいですか 

自分自身はけがをしないように心がけて、あとは監督の采配にしたがって、力の限りをつくすということに尽きます 

順位表