GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

4月21日 対阪 神6回戦・甲子園

メルセデス7回無失点の好投、平成最後の「伝統の一戦」制す

写真

7回無失点で2勝目を挙げたメルセデス

写真

七回、山本が適時三塁打

写真

八回を無失点に抑えた中川

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの6回戦。巨人打線は阪神先発・西の巧みな投球に翻弄されたが四回、相手守備のミスで先制。七回には二死二塁から山本の適時三塁打、九回にはドリスの暴投でリードを広げる。先発のメルセデスは再三走者を背負うが、要所を締めるピッチングで7回無失点の好投を見せた。巨人は少ないチャンスを得点につなげて3対0で勝利。平成最後の「伝統の一戦」を制し、甲子園3連戦を3連勝で飾った。

 巨人先発はメルセデス。初回、二回と直球を主体としたピッチングで相手打線を封じ込める。三回、一死から相手先発の西に右前に運ばれるが、亀井の好返球でライトゴロに仕留める。さらに、二死一塁から近本が二盗を試みるが、大城が好送球で阻止。ベテランと女房役が好守備でメルセデスを盛り立てる。

 対する打線は序盤、西の前に僅か1安打と抑え込まれる。しかし四回、先頭のビヤヌエバが中前打で出塁すると、続く岡本の打席で相手守備の野選と悪送球が重なり、ビヤヌエバが生還、先制に成功する。

 先制点をもらったメルセデスは毎回のように走者を背負うが、要所を締める投球でリードを守る。一方、西の前に中盤は好機を作れなかった打線だが七回、一死からゲレーロが左翼線二塁打で出塁すると二死後、この試合スタメン起用された山本が左中間を破る適時三塁打を放ち、貴重な追加点をもぎ取る。さらに八回、阪神2番手ジョンソンから先頭の坂本が右前打を放つと、続く丸は意表を突くセーフティーバントで無死一、二塁。ここで原監督は3番のビヤヌエバにバントを命じる執念の采配を見せる。しかし、ここは併殺に倒れ、チャンスを生かすことはできなかった。

 メルセデスは七回まで無失点に抑えると、八回は中川に継投し、三者凡退。すると九回、二死一塁から重信が盗塁に成功する。捕手の悪送球で三塁まで進むと、ドリスの暴投で重信が生還。相手のミスに乗じて3点目を奪った。

 九回には守護神・クックが登板。先頭の糸井に右前打を許すものの後続を抑え、3対0で試合終了。巨人はメルセデスの好投で平成最後の「伝統の一戦」を制し、甲子園3連戦を3連勝。阪神戦は開幕から6連勝となった。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

(山本は)一発で仕留められるのは成長のあとでしょう

Q:メルセデス投手がよく投げました

テンポのいい投手ですから。ナイスピッチングでした

Q:2試合連続で相手打線をゼロに抑えましたね

完封という形にはなったが、気持ちは点を取られている感じもします。次につなげるのが大事です

Q:山本選手の2点目の適時打が大きかった

大きかったですね、あの一振りは。一発で仕留められるのは成長のあとでしょう。勝ち運を持っているいい選手ですね

Q:阪神戦で3連勝を飾りました

まだまだ始まったばかり。1試合1試合糧にしながら、進めていきたい

ヒーローインタビュー

「自分の力を100%出し切るピッチングを心がけている」7回無失点で2勝目のメルセデス

写真

Q:見事なピッチングでした 

ありがとうございます 

Q:阪神戦はスムーズに投げているイメージですが 

自分の力を100%出し切るピッチングをすることを心がけているので、そのおかげだと思います 

Q:甲子園でいいピッチングができる理由は 

自分にとって甲子園でいい気持ちで投げられることが、結果につながっていると思います 

Q:巨人が連勝している中で、頑張れた1日でした 

自分だけではなくチームメイト全員が頑張っているので、これを続けていけばいいと思います 

Q:ローテーションの左腕の柱として、次はどんなピッチングを 

いつも一緒ですけど、最少失点に抑えて勝ちに貢献できたらと思います 

順位表