GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月30日 対阪 神10回戦・甲子園

大城の2点本塁打で追い上げるも、投打に振るわず阪神戦4連敗

写真

二回、大城が1点差に迫る2点本塁打を放つ

写真

2安打2四球で全打席出塁の坂本

写真

今季初登板の鍬原が無失点の好投

 甲子園で行われた阪神タイガースとの10回戦。巨人は3点を追う二回、大城が2点本塁打を放つが、その後は阪神先発・高橋遥から七回までに9三振を奪われ、追いつけない。巨人先発・ヤングマンは制球に苦しみ、四回途中3失点で降板。救援陣も2失点し、2対5で敗れた。巨人は阪神戦4連敗となり、5月の負け越しが決まった。

 巨人先発のヤングマンは初回、安打と四球などで一死一、三塁の走者を背負うと、大山に高めの変化球を左翼ポール際へ運ばれ、あっさりと3点の先制を許す。

 しかし直後の二回、巨人は阪神先発の左腕・高橋遥から先頭の岡本が左前打で出塁する。ここで「5番・一塁」でのスタメン出場が続く大城が中越えに2号2点本塁打を放ち、すぐに1点差に詰め寄る。

 しかし、ヤングマンの制球が安定せず、守備から流れを作ることができない。二回に1つ、三回に2つ四球を与えると、四回、近本をこの試合5つ目の四球で歩かせたところで、原監督はヤングマンを諦める。後を受けた2番手・田口は二死一、二塁のピンチを二ゴロで切り抜けたが、続く五回に大山に適時打を浴び、差を2点に広げられる。

 一方の打線は大城の本塁打の後、高橋遥から好機すら作ることができなかったが、2点差とされた六回、先頭の坂本が中前打で出塁。打順が主軸へ回り、期待がかかるところだったが、丸が空振り三振に倒れ、スタートを切っていた坂本は二盗失敗に終わる。岡本も空振り三振に倒れて、好打順を生かすことができなかった。

 巨人は七回、3番手・高木が無死三塁から糸原に犠飛を許して3点差とされたところで、鍬原が今季初のマウンドへ。鍬原は八回まで無失点で投げ切り、反撃を待った。

 打線は九回、坂本がこの日全4打席出塁となる中前打を放つが、阪神の守護神・ドリスに後続が打ち取られ、2対5で敗れた。

 巨人は先発・ヤングマンが四回途中3失点と役目を果たせずに降板し、打線も高橋遥の前に9三振を奪われるなど振るわず敗戦。阪神戦は4連敗となり、1試合を残して5月の負け越しが決まった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

4番打者を抑えるか、抑えられるかが、ゲームを左右する。それが如実に出た

Q:ヤングマン投手を早めに替えましたが

うーん、ちょっと投球のリズムがね(良くなかった)。制球もいいとは言えないね

Q:2点本塁打の大城選手は

いいところで打ちますね

Q:ここのところ先発投手に結果が出ていません

まあ、限られたメンバーでやるしかない。先発がゲームを支配しているわけだし、奮起してほしい

Q:この2連戦、阪神の(4番の)大山選手にやられた感もありますが

そうですね、4番打者を抑えるか、抑えられるかが、ゲームを左右する。それが如実に出た

順位表