GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月7日 対ロッテ1回戦・東京ドーム

若林のプロ初本塁打などで、逆転勝ち、2位に浮上

写真

四回、若林がプロ1号となる同点2点本塁打

写真

五回二死二塁、岡本が勝ち越し左前適時打

写真

六回一死二、三塁、亀井の好返球で三塁走者を刺殺

 東京ドームで行われた千葉ロッテマリーンズとの1回戦。2点を追う四回、二死一塁から若林がプロ初本塁打となる2点本塁打を右翼席に叩き込み同点に追いつく。さらに五回、二死二塁からこの試合4番に戻った岡本と5番大城の連続適時打で2点を勝ち越す。先発のメルセデスは序盤こそ不安定な投球だったものの何とか粘り六回途中2失点。リリーフ陣も九回に中川が1点を失ったもののリードを守り切った。投打がかみ合った巨人は逆転勝ちで交流戦本拠地開幕戦を白星で飾り、阪神が敗れたため、セ・リーグ2位に浮上した。

 巨人先発のメルセデスは初回、荻野に四球を与えると二盗を決められ無死二塁のピンチを背負ったが、後続を抑え先制点を許さない。二回も岡に四球を与え二盗で一死二塁とされるが、後続を抑えこのピンチも何とかしのいだ。しかし三回、先頭の投手の二木を四球で歩かせると連打を浴び無死満塁。この場面で清田に押し出し四球を与え先制を許す。続くレアードには左前適時打を打たれ追加点を奪われた。なおも無死満塁のピンチだったが中村奨を空振り三振、岡を遊撃併殺に仕留めこの回2失点で踏ん張った。

 一方の打線は三回、ロッテ先発・二木からメルセデスが四球で出塁すると亀井が右中間に二塁打で続き一死二、三塁のチャンスを作る。しかし坂本が空振り三振。丸が四球で二死満塁とするが、岡本も空振り三振に倒れ得点を奪えない。二木の鋭く落ちるフォークボールに苦戦した。しかし、四回二死から陽が右前打で出塁すると、若林がインコースの難しいボールをうまく打ち打球は右翼席へ。若林のプロ初本塁打で試合を振り出しに戻す。
 さらに五回、二死から丸が中越え二塁打でチャンスメークすると、この試合で4番に戻った岡本がきっちりと左前適時打を放ち勝ち越し。なおも二死二塁で大城も左前に落とし追加点を奪い、4対2と2点リードで五回を折り返した。

 粘りの投球を見せていたメルセデスは六回、岡と三木の連打で無死一、三塁のピンチを招いたところで降板。後を受けた宮國は、二盗で無死二、三塁とされるが、代打・菅野を遊飛、代打・香月の左飛でホームを狙った三塁走者の岡を亀井が好返球で刺殺。守備にも助けられ無失点で切り抜ける。

 七回は田原がピンチを背負うも無失点。八回は東京ドーム今季初登板のマシソンが走者を背負うも吉田を遊撃併殺打に打ち取った。

 追加点の欲しい打線は八回、岡本の右前打と重信のバントが敵失を誘い無死一、二塁のチャンスを作ったが、盗塁失敗なども絡み得点を奪えなかった。

 最終回は守護神・中川が一死三塁から鈴木に左犠飛を許し1点を失ったが、最後は清田を空振り三振に仕留め試合終了。巨人は先発のメルセデスが六回途中2失点の粘投を見せ、若林のプロ初本塁打などで逆転勝ちを収めた。交流戦本拠地開幕戦を白星で飾り、阪神に代わってセ・リーグ2位に浮上した。




今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

(若林の本塁打は)難しいボールだったけど、見事でした

Q:若林選手の同点本塁打が大きかったですね

ねー、素晴らしい。難しいボールだったけど、見事でした

Q:4番に復帰した岡本選手もタイムリーを打ちました

ああいう場面でヒットが出ると、チームの信頼感がさらに大きくなる。さらに成長する糧になります

Q:亀井選手の返球(六回一死二、三塁で左飛を捕球し、タッチアップを狙った三塁走者を本塁で刺す)が大きかったですね

亀井の返球もですが、宮國がよく0点に抑えました。1、2点は覚悟していたが、全員で守ったということ

Q:接戦勝ちが続いていますね

もう、接戦しかない。接戦、望むところ、というつもりで私はやっています

ヒーローインタビュー

「入ってくれと願っていました」プロ初本塁打の若林

写真

Q:この大歓声、お立ち台で聞いた今の気持ちは 

すごく気持ちいいです 

Q:ホームランの感触は 

いい感触で打球があがってくれたので入ってくれと願っていました 

Q:甘いボールではありませんでしたが 

無心だったので、覚えてないんですけど、うまく打ててよかったです 

Q:楽天戦では初打点、今日の試合で初ホームラン、いい流れで来ています 

自分のやることは変わらないので、毎日打てるように頑張ります 

Q:ファームでの日々、あの努力が実になったのでは 

下積みがあったからこそ今こうして結果が出せていると思うので、これからも精進していきたいと思います 

Q:お父さんも元プロ野球選手、喜んでいるのでは 

帰ってからしっかり報告したいと思います 

「このマウンドで投げるのが大好き」今季初めて東京ドームで登板したマシソン

写真

Q:Welcome back!(よく戻って来てくれました) 

Thank you!(ありがとう) 

Q:スタンディングオベーションが鳴り止まないファンの様子を見て、どうですか 

とてもありがたい気持ちです。こうやってファンの皆様から声援を頂けてとてもありがたく思います 

Q:東京ドームのマウンドは334日ぶり、みんな待っていました 

長い期間、頑張りました。私はこのマウンドで投げるのが大好きですし、日本一のファンの皆様の前で投げられることはとても幸せです 

Q:東京ドームでの準備は久しぶりだと思いますが、緊張はありましたか 

緊張はあったが、それより気持ちのたかぶりがありました 

Q:病気で大変な思いを味わったと思いますが、ファンの皆様は本当に応援していました。その苦しさの中で気持ちは届いていましたか 

SNSを通してファンの皆様から励ましのメッセージを頂いて、一時は戻ってこれないかもと思ったが、こうやって戻ってこられてとても嬉しい 

Q:家族も東京ドームでの復活を喜んでいるでしょう、家族に何と伝えますか 

もちろん家族のことを愛していますし、ずっと私のことを応援してくれています。昨日も息子が自分のピッチングを見て、とても喜んでくれたので、すごく気持ちがいいです 

Q:ファンの皆様へ、最後にメッセージを 

いつもご声援ありがとうございます。毎回皆様の声援を聞いて鳥肌も立ちますし、これからもいい戦いを続けていこうと思います 

順位表