GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月8日 対ロッテ2回戦・東京ドーム

岡本の一発で詰め寄るも、ロッテに競り負け連勝ストップ

写真

6回2失点と試合を作った先発・山口

写真

4安打猛打賞の陽

写真

九回、2点本塁打の岡本

 東京ドームで行われた千葉ロッテマリーンズとの2回戦。1点リードで迎えた九回、巨人はリリーフ陣がまさかの乱調で逆転を許してしまう。守護神・中川が一死三塁から鈴木に右前適時打を浴びて同点とされると、中川に代わった5番手・田原が中村奨に中前適時打を許すなど、この回だけで4失点。それでも巨人は3点ビハインドの最終回に岡本がロッテ5番手・益田から右越え2点本塁打を放ち1点差まで詰め寄るが、反撃もここまで。最終盤でリリーフ陣が崩れた巨人は5対6とロッテに競り負け、連勝も2でストップした。

 ロッテ先発は今季初登板の土肥。巨人打線は二回、一死から陽が右翼席へ飛び込むソロ本塁打を放ち、先取点を奪う。

 巨人先発は山口。初回を無失点に抑えると、三回までに6奪三振と好投。しかし四回、先頭の鈴木に右越えソロ本塁打を浴びると、五回にも2本の安打で一、二塁のピンチを招く。鈴木を二ゴロに打ち取るも、清田に中前適時打を浴び、1対2と勝ち越された。それでも、その裏、先頭の坂本が土肥の変化球を捉えて21号同点ソロ本塁打。坂本の一発で試合を振り出しに戻す。

 山口は六回もマウンドに上がり、二つの四球で二死一、二塁とピンチを招くも、荻野を二ゴロに抑え、この回で降板。山口は6回6安打2失点でリリーフに後を託した。

 山口の好投に応えたい打線は六回、ビヤヌエバ、陽の連打と小林の犠打で一死二、三塁とロッテ2番手・東條を攻めたてる。ここで山口の代打・亀井が追い込まれながらも外角の球をなんとか転がすと、捕球した二塁手・中村奨が本塁へ送球するも間に合わず、三塁走者・ビヤヌエバが生還。巨人が勝ち越しに成功した。

 七回から継投に入った巨人は、2番手の森福がロッテ・上位打線を三者凡退に退け、150ホールドポイントを達成。八回は3番手・澤村が無失点でつないだ。

 1点差の九回、巨人は4番手として守護神・中川をマウンドに送る。中川は先頭の代打・岡に左中間二塁打を許すと、荻野の一犠打で一死三塁。なんとか踏ん張りたい中川だったが、鈴木に一、二塁間を破る右前適時打を浴び、同点に追いつかれた。さらに二死後、香月に中前打を浴びて二死一、二塁となったところで、原監督は中川を諦め、5番手・田原をマウンドへ送る。しかし田原は中村奨に中前適時打を浴び、3対4と勝ち越しをゆるしてしまう。田原は続く菅野にも左翼線2点二塁打を打たれ、3対6とリードを広げられた。

 最終回、重信がロッテ5番手・益田から四球を選ぶと、二死後から岡本が右翼席への第11号2点本塁打を放ち、1点差に詰め寄る。岡本の一発で反撃ムードが高まった巨人打線だったが、田原の代打・ゲレーロが右飛に倒れ、5対6でゲームセット。巨人は岡本の意地の一発で1点差に詰め寄ったが、最終回での失点が響き、ロッテに惜敗。3連勝とはならなかった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

ピッチャーも頑張ったけど、やっぱり打線が、ということでしょうね

Q:最後に1点差まで追い上げましたが

ランナーを置いてなかなかタイムリーが出ない。ピッチャーも頑張ったけど、やっぱり打線が、ということでしょうね

Q:八回の攻撃で、バントミスなどが響いた?

それもそうだし、ランナーを置いて、中軸が(打てない)ところでしょう。負けたら、いろいろ、原因はあります。4点目を早く取れなかったところが、一番、問題ではないでしょうか

Q:明日はエース菅野投手が復帰します

目いっぱい、彼らしさを出せばいい

Q:若林選手を1番に起用しました

いい働きをしたと思いますね

順位表