GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月12日 対西 武2回戦・メットライフ

炭谷が逆転打、高木らの好救援でしのぎ、終盤突き放す

写真

四回無死二、三塁、炭谷の2点適時打で逆転

写真

先頭打者本塁打含む4打点の亀井

写真

3イニングを完璧に抑え2勝目の高木

 メットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズとの2回戦。巨人は初回に亀井の先頭打者本塁打で先制すると、三回には岡本が適時二塁打を放ち、2点を先行する。その後、先発・田口が3点を失いいったんは逆転を許すが、四回に炭谷の中前2点打で再度、逆転に成功する。田口は四回、二死満塁とされたところで降板するも、後を受けた田原がピンチを断つと、3番手・高木が3回を完全投球。1点差の八回には、亀井の3点二塁打や坂本の適時打で4点を奪い試合を決めた。マシソン、中川も無失点で抑えるなど、救援陣の好投も光った。広島が敗れたため、首位に1.5ゲーム差に迫った。

 巨人打線は初回、1番の亀井が西武先発・十亀の2球目を叩くと、打球は右中間フェンスを越え、先頭打者本塁打で幸先よく先制。三回には、二死一塁から岡本が右中間適時二塁打を放ち、昨日は零封された打線が序盤で2点を奪う。

 巨人先発・田口は、二回までを無失点と上々の立ち上がり。しかし三回、二死から二つの四球と安打で二死満塁とし、4番・山川に三塁線を破られる3点二塁打を浴び、逆転を許す。

 直後の四回。打線はゲレーロ、若林の連打で無死二、三塁の好機を作ると、炭谷が中前へ2点適時打を放ち、逆転に成功する。炭谷は送球間と敵失で三塁へ進むと、二死後、丸の右前適時打で巨人は5点目を入れる。

 再び2点のリードとなっても田口が踏ん張れない。四回、二死から連打を浴び一、三塁とされ、源田に遊撃適時内野安打を許してしまう。さらに、外崎にも遊撃内野安で二死満塁。ここで田口は降板。2番手・田原は山川を空振り三振に仕留め、1点差で踏みとどまる。

 打線は五回以降、立ち直った十亀から追加点を挙げることができない。しかし、1点差ゲームでも主導権を渡さなかったのは、3番手・高木の好投だった。五回からマウンドに上がり、3イニングを完全に抑える圧巻の投球を披露する。

 十亀が降板した八回には、西武の3番手・森脇らを攻め立て、二死満塁から亀井が左翼線に走者一掃の3点二塁打を放ち、試合を決定付ける。さらに、坂本も右前適時打で続き、リードを5点に広げる。

 巨人は八回をマシソン、九回は中川が無失点で抑え、9対4で勝利した。

 零封負けした昨日の嫌な雰囲気を振り払うかのような、亀井の先頭打者本塁打に始まり、終わってみれば11安打9得点と好機をものにした巨人。救援陣の好投も光り、セ・リーグ首位の広島に1.5ゲーム差と迫った。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

いろんな形でいいものが出ている

Q:3番手の高木投手が試合を締めましたね

そうですね、田原も高木も、非常にいいリリーフでした

Q:炭谷選手のリードは

うまく評価してあげてください。バッテリーが一体となっているという感じ、そのへんがやっぱり素晴らしいところだと思いますね。打つ方でも存在感ありました。タイムリーもそうだし、(八回の)四球も大きかったしね

Q:亀井選手が、先制本塁打に走者一掃の二塁打を放ちました

大きかったですね。丸の二死からの適時打も大きかった。スコアブックを見ると、きょうはいろんな形でいいものが出ているような気がします

Q:ここまで交流戦勝ち越しですが

まだまだ

ヒーローインタビュー

「逃げずに思い切って勝負に行きました」3イニングを完璧に抑え2勝目の高木

写真

Q:1点差の、強力西武打線相手に3回を三者凡退でした。振り返っていかがですが 

西武打線は打つ、というイメージがあったので、逃げずに思い切って勝負に行きました 

Q:今シーズン2勝目、プロに入って通算、黒星なしです。お気持ちは 

その辺は、野手の方々に助けてもらったり、守備にも助けてもらったり、いろいろ助けてもらってという感じですね 

Q:最後にファンの皆さんに一言お願いします 

これからもチームの勝利に貢献できるように精一杯がんばりますので、応援よろしくお願いします 

順位表