GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月14日 対日本ハム1回戦・札幌ドーム

重信の適時二塁打で追い上げるも及ばず、逆転負け…高木はプロ初黒星

写真

九回の適時二塁打など3安打を放つ活躍の重信

写真

先発メルセデスは6回途中5安打2失点9奪三振

写真

四回一死、大城が右翼線に適時二塁打を放つ

 札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの1回戦。序盤は大城の右翼線適時二塁打などで3点を先行し、メルセデスが6回途中5安打2失点9奪三振の投球を見せるなど主導権を握ったものの、七回に4番手・高木が2点本塁打など連打を浴びて逆転を許してしまう。2点を追う九回、二死二塁から重信が右中間を破る適時二塁打を放ち1点差に追い上げたが、続く亀井が空振り三振に倒れて試合終了。高木はプロ初黒星を喫し、巨人は交流戦首位争いを繰り広げる日本ハムとのカード初戦を落とす結果となった。

 巨人先発のメルセデスは初回、1番西川の右翼線二塁打から一死三塁のピンチを招いたが近藤、中田を連続三振に抑え先制を許さない。さらに二回、王、渡邉の連打と野選で無死満塁とされるが、ここも後続を打ち取り踏ん張った。

 一方の打線は三回、日本ハム先発の有原からビヤヌエバの左翼線二塁打と重信の中前打などで二死二、三塁のチャンスを作る。打席に坂本が入った場面で、有原がまさかの暴投。二塁走者、三塁走者がともに生還し2点を先行した。さらに四回、岡本が中前打を放つと、続く大城の右翼線二塁打で投球と同時にスタートを切っていた岡本が一気にホームを駆け抜け、追加点を奪った。

 リードをもらったメルセデスは二回のピンチ以降、コーナーを丁寧に突く投球で日本ハム打線を寄せ付けない。三回のアウトをすべて三振で奪うと、四回、五回を連続で三者凡退に抑え、3点リードで五回を折り返した。

 好投のメルセデスを援護したい打線は六回、2つの四球で一死一、二塁のチャンスを作ったが、阿部が二直、若林が空振り三振に倒れチャンスを生かせなかった。

 その裏、好投を続けていたメルセデスがつかまる。先頭の近藤に左前にうまく落とされると、中田に四球、王に右前打を許し、無死満塁となったところで降板。6回途中を投げ、5安打2失点9奪三振の内容だった。2番手の田原は渡邉に中犠飛を打たれ1点を失う。ここで原監督は小刻みな継投策で森福をマウンドへ送る。一死一、三塁から代打の代打・杉谷に中前適時打を許し1点差に詰められる。なおも一死一、三塁のピンチを背負ったが、後続を断ちなんとかしのいだ。

 追加点が欲しい打線は七回重信の中前打と二盗で二死二塁とするが坂本が空振り三振に倒れ、尻上がりに調子を上げた有原から得点を奪えない。

 その裏、4番手・高木が先頭の西川にセーフティバントを許すと、二死後に二盗を決められてしまう。中田に左前適時打を打たれ同点に追い付かれると、続く王に右越えの2点本塁打を浴び、勝ち越されてしまった。

 八回途中から登板した宮國は、打者4人を完璧に抑え味方の援護を待った。何とかしたい打線は九回、日本ハムの2番手ロドリゲスから二死二塁のチャンスを作り、重信の右中間を破る適時二塁打で1点差にまで追い上げるも、最後は亀井が空振り三振に倒れ試合終了。序盤は大城の右翼線適時二塁打などで3点を先行し、メルセデスが6回途中5安打2失点9奪三振の投球を見せるなど主導権を握ったが、終盤に粘りきれず敗戦した巨人。高木はプロ初黒星を喫し、自身の持つプロ野球記録、入団からの連続無敗記録は164試合で途切れた。交流戦首位争いを繰り広げる日本ハムとのカード初戦を落とした。



 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

やっぱり先発投手だよね。六回は投げ切ってほしい

Q:序盤はリードしてうまく試合を進めましたが

やっぱり先発投手だよね。六回は投げ切ってほしい。ノーアウト満塁で降板というのはね・・・。その回は2点に抑えたけど、先発(が投げないといけない)のイニングだよね

Q:試合前は、接戦になるという予想でしたが

やっぱり(相手の先発は)いい投手だよね。序盤に2点取れて、3点目は仕掛けて取れたけど、あと1本が出なかった

Q:(逆転打を浴びた)高木投手はここまで頑張ってきましたが

これからも頑張りますよ。ただ、今日は、ボール、ボールといってしまい、うまくいかなかった

順位表