GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月16日 対日本ハム3回戦・札幌ドーム

二回に一挙5得点で逆転、交流戦4カード連続の勝ち越し決める

写真

二回以降復調し、7勝目を挙げた菅野

写真

リードとバッティングで菅野を支えた炭谷

写真

二回に2点適時打で勝ち越しを決めた坂本

 札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの3回戦。巨人は0対3で迎えた二回、一死満塁から重信の犠飛などで2点を返すと、炭谷の適時打で3対3と同点に追いつく。さらに二死二、三塁から、坂本の勝ち越し左前2点打で一気に試合をひっくり返した。先発の菅野は初回に4連打を浴びるなど3点を失うも、前回登板に続きバッテリーを組んだ炭谷との息のあった投球で復調し、二回から七回を無失点で抑えた。八回以降もリリーフ陣が無失点でつなぎ、巨人は7対3で勝利。交流戦4カード連続の勝ち越しを決めた。

 巨人先発はエース・菅野。初回、先頭の西川に中前打を許すと、続く大田にフェンス直撃の中越え適時二塁打を浴び、早々に先制点を献上。近藤にも中前打でつながれると、中田に左前適時打を許し、4連打で2点を失った。王を二ゴロに打ち取り、なんとか一死は奪ったが、渡辺にも左前適時打を浴び、菅野は初回3失点と苦しい立ち上がりとなる。

 打線は直後の二回、先頭の岡本、大城の連打で無死一、二塁と日本ハム先発の杉浦を攻めたてる。一死後、打撃好調の若林が粘って四球を選び、一死満塁と好機を広げると、続く重信の打席で杉浦が暴投。三塁走者が生還し、1点を返す。さらに一死二、三塁から重信が中堅への犠飛を放ち、1点差に詰め寄ると、炭谷も右前適時打で続き、3対3とすぐさま同点に追いついた。攻撃の手を緩めない巨人打線は二死一塁から亀井が右越え打を放つと、坂本の打席で二盗し、二死二、三塁と勝ち越しの好機。この場面で勝負強い坂本が左前適時打を放ち、5対3と一気に試合をひっくり返した。

 四回、打線は先頭の若林が5試合連続安打となる右前打を放つ。日本ハムが2番手・西村をマウンドへ送り流れを食い止めにかかるも、重信が西村の初球を中前へはじき返し、無死一、三塁と好機を作る。一死後、亀井の一ゴロの間に若林が生還し、6対3。五回にも一死一、三塁から若林の左犠飛で1点を加え、試合の主導権を渡さない。

 菅野はバッテリーを組む炭谷との息のあった投球で二回以降は本来の調子を取り戻す。五回は四球と味方の失策で無死一、二塁のピンチを迎えたが、近藤を二塁併殺打、中田を左飛に打ち取り、ピンチを切り抜けた。菅野は七回まで投げ107球、6安打、3失点で降板。リリーフ陣に後を託した。

 八回はマシソン、九回は守護神・中川が無死点で切り抜け7対3でゲームセット。菅野がリーグトップに並ぶ7勝目を挙げ、交流戦4カード連続の勝ち越しを決めた。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

初戦を落として2、3戦目を取ったのは大きい

Q:二回はいい形で逆転しましたね

よくつなぎました。すぐ(逆転した)というのは大きい。同点になったのも大きいし、(坂本)勇人のタイムリーも大きかった。いい攻撃ができた

Q:菅野投手は、初回こそ3失点だったが、二回以降は抑えた

立ち上がりをしっかりやろう、ということは言ったんですけど。(二回以降は)変化球を多めにしたというのはありました。ストライクゾーンを広めに使ったというところでしょう

Q:若林選手がずっと結果を出していますね

順調に前に進んでもらいたい。重信も触発されたのか、あるいはマイペースなのか、いい感じで試合に出て存在感を見せている

Q:交流戦に入って4カード連続勝ち越し。地力がついてきていると言えますか

まだまだ(発展)途上ですが、西武戦もそうですが、初戦を落として2、3戦目を取ったのは大きい

Q:交流戦は本拠地6試合を残すということで、頂点が見えてきましたか

いやいや、まだ6試合ありますから、1戦1戦です

ヒーローインタビュー

「粘って七回まで投げられたのでよかったです」7勝目を挙げた菅野投手

写真

Q:復帰2戦目のマウンドでしたが、どんな気持ちでマウンドへ上がりましたか 

立ち上がりだけ気をつけようと思っていたんですけど、見事に立ち上がりにやられちゃったので。でも粘って七回まで投げられたのでよかったです 

Q:二回以降は1安打に抑えました。手ごたえをつかんだんじゃないですか 

いや~どうですかね、悪いなりに試合作るのもまた一つの力だと思うので、こういう試合も時にはあると思うので、そういう時に今日みたいな投球ができれば、試合を作れるのかなっていう思いはあります 

Q:序盤に味方の大きな援護もありましたね 

そうですね、本当に最近たくさん点を取ってくれるので、今日も1勝1敗で負けられない戦いだったのでなんとか勝ち越せてよかったです 

Q:五回には無死一、二塁のピンチも落ち着いて切り抜けましたね 

本当に味方がうまく守ってくれますし、(岡本)和真にはやられましたけど、いつも感謝してます 

Q:復帰後2連勝、七回まで投げて球数も100球を超えていました。コンディションはどうですか 

まだ内容も体も完璧っていうわけではないですけど、その中でもその日その日のベストを尽くそうと思って、毎回マウンドに上がるつもりではいるので、また来週の日曜日がんばります 

Q:チームは交流戦4カード連続勝ち越しです。最後にジャイアンツファンへ一言お願いします 

こればっかりは僕の力だけじゃないですし、チーム全員の力だと思いますので、なんとか交流戦優勝して、最終的にリーグも優勝したいと思ってますので、また温かい声援をよろしくお願いします! 

順位表