GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月19日 対オリックス2回戦・東京ドーム

中島の移籍後初本塁打で一時同点も、接戦落とし連勝ストップ

写真

七回一死一塁、中島が右中間に同点2点本塁打

写真

四回、岡本が2試合連発の14号ソロ本塁打

写真

今季初登板の先発・高田

 東京ドームで行われたオリックスバファローズとの2回戦。巨人は2点を追う七回、代打・中島が移籍後初本塁打となる右中間2点本塁打で試合を振り出しに戻す。しかし、その裏、この日一軍登録されたばかりのクックが一死満塁から犠飛で勝ち越しを許し、これが決勝点となった。打線は八回、九回と好機をつくるもあと1本が出ず、連勝は3でストップした。

 巨人先発は今季初登板となった高田。初回は3人で抑え完璧な立ち上がりを見せる。
しかし、二回に一死一塁からヒットエンドランで一、三塁のピンチを招く。続く打者を初球で打ち取るも、若月の打席で一塁走者・大城の二盗失敗の間に三塁走者が生還。足攻で揺さぶられ、先制を許した。

 四回、高田は制球が定まらず、無死一、二塁。併殺打で二死三塁とするも、続く大城に中前適時打を浴びる。さらに、続く小田に初球からヒットエンドランを仕掛けられ、左翼の二塁打で一塁走者の大城が一気に生還、3点目を失った。高田はこの回で降板。制球に苦しみプロ初勝利を手に入れることはできなかった。

 打線はオリックス先発・榊原のコースを丁寧につく投球をなかなかとらえきれない。それでも四回、岡本のセンターバックスクリーンに叩き込む2試合連続となる14号ソロ本塁打で1点を返した。

 2番手には鍬原が登板。五回、六回と無失点でしのぎ、相手に流れを渡さない。七回には鍬原が一死を取ったところで森福、宮國とつなぎ、得点を与えない。するとその裏、先頭の若林が四球で出塁すると一死後、代打・中島が右中間に移籍後第1号となる2点本塁打を放ち、3対3の同点に。六回まで3安打と抑え込まれていた榊原から、きょう一軍に上がったベテランが一振りで試合を振り出しに戻した。

 しかし、八回、57日ぶりの一軍登板となったクックがつかまる。吉田正の際どい当たりが内野安打となると、ストレートの四球、中前打で一死満塁とされる。ここで迎えるはきょう適時二塁打を放っている小田。犠飛で勝ち越しを許した。打線はその裏、無死一、二塁の好機をつくるも、大城、若林、阿部が3者連続三振に倒れた。九回にも先頭の代打・陽の四球を足がかりに二死一、三塁まで詰め寄るも後続なく、3対4で試合終了。終盤に中島の一発で一時同点に追いつくも、あと1本が出ず、連勝は3で止まった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(中島は)いい形で戻ってきてくれました

Q:惜しいところまでいきましたが

そうですね、1本が出なかった。もう1本というところでしょうね

Q:先発の高田投手はどうでしたか

うーん、力の半分ぐらいしか出していないと思います

Q:中島が代打本塁打を放ちました

そうですね。(ファームで)非常にいい時間を使ったんだろうと。いい形で戻ってきてくれました

Q:岡本選手がいい一発を放ちましたね

いい四球もつなぎもしていますしね。存在感が出てきました

順位表