GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月21日 対ソフトバンク1回戦・東京ドーム

阿部の適時打含む猛打賞の活躍も、六回に一挙6失点で逆転負け

写真

先発のメルセデス

写真

3安打猛打賞の阿部

写真

五回、ソロ本塁打の丸

 東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークスとの1回戦。巨人は1点リードの六回、二死満塁から2番手・宮國が甲斐に意表を突くセーフティバントを決められ、2対2の同点に追いつかれる。続くピンチで3番手・森福を投入したが、代打・福田に満塁本塁打を浴び、この回一挙に6点を失った。一方の打線は、今季初めて一塁スタメン出場の阿部が適時打を含む猛打賞の活躍を見せるも、好機に打線のつながりを欠き3点止まり。3対8で敗れ、交流戦優勝のかかった三連戦の初戦を落とした。

 ソフトバンクの先発は千賀。巨人打線は初回に二死二塁、二回には無死満塁と千賀を攻めたてたが、いずれのチャンスも後続が倒れ、序盤のチャンスを逸してしまう。

 巨人先発のメルセデスはストライク先行の投球で初回を三者凡退と上々の立ち上がり。三回には、一死から千賀の左中間二塁打でこの試合初めて得点圏に走者を背負ったが、後続を退け、得点は許さない。

 打線は三回、丸の中前打に敵失と四球が絡み、二死一、二塁とチャンスを作る。すると、今季初めて一塁手でのスタメン出場となった阿部が中前へ弾き返し、二塁走者が生還。ベテランがスタメン起用に応える一打を放ち、巨人が先取点を奪う。五回にも先頭の丸が千賀の変化球をバックスクリーン左へ叩き込み、二試合連発の13号ソロ本塁打で追加点を奪う。

 メルセデスはテンポの良い投球でアウトを重ね、四、五回とソフトバンク打線を三者凡退に抑えた。しかし六回、上林に右越えソロ本塁打を浴び、1点を失う。さらに二死からデスパイネ、グラシアルに連打を許し、二死一、二塁とされる。ここで原監督はメルセデスから2番手・宮國へスイッチ。しかし、宮國は松田宣に四球を与えると、続く甲斐には三塁線への意表を突くセーフティバントを決められ(記録は三塁適時内野安打)、同点に追いつかれた。続くピンチに巨人は3番手の森福を投入したが、代打・福田に満塁本塁打を浴び、この回一挙6失点で逆転を許した。

 七回、巨人は今季初登板の4番手・大竹が三者凡退に抑えたが、八回に登板した5番手・クックが一死二塁から松田宣に中越え2点本塁打を浴び、2対8と突き放された。

 反撃したい打線は八回、先頭の阿部の猛打賞となる右翼線二塁打から一死三塁のチャンスを作り、重信の遊ゴロの間に1点を返した。九回は6番手・田原が無失点でつないだが、最終回の攻撃は三者凡退に終わり、3対8でゲームセット。巨人は阿部の適時打を含む猛打賞の活躍で2点を先取するも、六回に森福が満塁弾を浴びるなど一挙6失点で逆転を許し、交流戦優勝をかけた三連戦の初戦を落とした。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(阿部が)いい役割をしましたね

Q:前半にリードしていい展開だったと思いますが

六回ですね。あと1アウトを、3人の投手で取れなかった。ストライクを取るのに一生懸命になるのは、ピッチャーとしてどうかな、と思います

Q:今季初スタメンの阿部選手がいい打撃を見せました

いい役割をしましたね。体調面についても(本人と)相談して(スタメンで)、いこうと決めました

Q:丸選手が当たってきました

見事です

Q:対照的に坂本選手に当たりが止まっている

5三振ですか。まあ、明日に生かすでしょう

順位表