GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月2日 対中 日12回戦・東京ドーム

菅野が今季初完封、打線も4本塁打で援護し3連勝

写真

今季初完封勝利を挙げガッツポーズの菅野

写真

初回、亀井の先頭打者本塁打で先制

写真

七回、坂本がリーグトップタイ23号本塁打

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの12回戦。巨人先発の菅野は課題の立ち上がりを無失点で切り抜けると尻上がりに調子を上げる。制球に苦しむ場面もありながら、力強い直球で中日打線を封じ込め、115球、6安打無四球で今季初の完封勝利をあげた。打線も初回に亀井の先頭打者本塁打で先制すると、三回にはビヤヌエバが、七回には坂本と丸が連続本塁打を放つなど効果的に加点した。エース菅野が完封、打線も4本の本塁打が飛び出した巨人が6対0で勝利し、3連勝となった。

 巨人先発は菅野。今季、立ち上がりが課題の菅野は、初回を三者凡退に抑える。その裏亀井が中日先発の清水から右翼席へ先頭打者本塁打を叩き込み、幸先よく先制する。その後、敵失から二死満塁とチャンスを広げ、ビヤヌエバの押し出し死球で加点し、初回に2点を先取した。二回にも、菅野、亀井の連打などで一死一、三塁とチャンスを迎えると丸の二ゴロの間に1点を追加し、序盤に3点を奪い、試合の主導権を握る。

 援護を受けた菅野は制球に苦しみながらも中日打線を抑え込んでいく。三回は一死から清水に右前打、平田の左中間を破る二塁打を許し、一死二、三塁とピンチを招いたが、京田、大島を直球で打ち取り、本塁は踏ませない。

 攻撃の手を緩めない巨人は三回、ビヤヌエバがソロ本塁打を放ち、4点目を奪った。

 三回まで無失点投球の菅野は尻上がりに調子を上げていく。五回は内野安打に味方の悪送球も絡み、二死二塁のピンチを背負うも、平田を二飛に退ける。六、七回は三者凡退に抑え、スコアボードに0を並べた。

 一方、打線は四回から継投に入った中日リリーフ陣を前に追加点を奪えない。しかし七回、先頭の坂本が4番手・岡田からリーグトップに並ぶ23号ソロ本塁打を放ち、5点目を奪うと、続く丸も岡田の直球を左中間スタンドへ運び、14号ソロ本塁打。坂本・丸の2者連続本塁打でリードを6点に広げ、中日を突き放した。

 八回、菅野は先頭の木下拓に左中間二塁打を許すも、後続の亀澤、平田、京田をいずれも凡打に仕留め、このピンチも無失点でしのぎ、九回もマウンドへ上がる。二死から高橋の二塁内野安打で走者を背負うも、続く代打・堂上の右翼後方への打球を右翼手・陽がフェンスにぶつかりながらも好捕し、6対0でゲームセット。菅野は制球に苦しむ場面もありながらも9回、115球、6安打、無四球で今季初完封、リーグトップタイの8勝目。菅野の力投に打線も4本塁打で応えた巨人は3連勝、球宴前の9連戦は白星スタートとなった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

きょうは理想的な点の取り方でした

Q:菅野投手が完封しました

いいきっかけになったのでは。一歩を踏み出したと思う。(八回で)交代する材料はないでしょう。次が大事です

Q:亀井選手の先頭打者本塁打などで援護しました

きょうは理想的な点の取り方でした

Q:ビヤヌエバ選手も久しぶりの一発が出ました。

打つべきボールを打っている。ボール球を振ってない。こうなると、彼のパワーは相手に恐怖を与えるでしょう

Q:9連戦の初戦を取りました

9連戦ですから、一戦一戦、(選手が)いいコンディションで戦うことが大事ですね

ヒーローインタビュー

「味方のいい守備がたくさんあったので最後まで投げることができました」今季初完封の菅野

写真

Q:今シーズン初めて九回を投げきりましたね 

初めてではないですね。完封が初めてなので。味方のいい守備がたくさんあったので最後まで投げることができました 

Q:前回は悔しい立ち上がりでした。今日の立ち上がりはどうでしたか 

3人で終われたので、いいリズムで試合を作ることができたと思います 

Q:三回にはランナー二塁、三塁がありました 

1点もやれないという気持ちを常に持っているので、ただ、1試合だけなのでもっともっと取り返せるようにがんばります 

Q:野手のみなさんのバックアップもありました。最後の当たりを打たれたときはどうでしたか 

あそこまで飛ぶとは思いませんでしたが、ダイさん(陽)が捕ってくれたので、後でお礼を言います 

Q:まっすぐが課題といっていた中で、九回には146キロとまっすぐで押していましたね 

まだ、ですけど。徐々に階段を登っている気はするので、もうちょっとです 

Q:前回登板からこの8日間はどのような気持ちで迎えましたか 

今は苦しい期間ですけど、それも自分のプラスに変えられるようにしっかり向き合って、この8日間を過ごしました 

Q:八回にいったんベンチ裏に下がりましたが、九回も出てきましたね 

どうするという風に聞かれたのですが、ほぼ行かないといけない感じでした 

Q:そして九回を抑えきりました 

結果だけ見たら0に抑えることができたので満足しています 

Q:9連戦の初戦をいい形でスタートをきることができました 

オールスターまでいい流れで終わって、後半戦へ向けて弾みになればいいと思います 

順位表