GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月3日 対中 日13回戦・東京ドーム

大乱戦のシーソーゲームを劇的なサヨナラで制し、4連勝!

写真

九回無死二塁、増田大が三塁線に絶妙なバント

写真

三塁手の失策を誘い、二塁走者の若林が生還

写真

亀井が3安打3打点の活躍で打線を引っ張る

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの13回戦。試合は序盤から点の取り合いとなり、4対3で後半へ。巨人は七回に逆転を許すがその裏、代打・阿部の同点適時二塁打と亀井の適時打で試合をひっくり返す。九回に抑えの中川が木下拓にソロ本塁打を許し同点とされるがその裏、若林の四球と盗塁で無死二塁とすると、増田大の犠打に失策が絡み、二塁走者の若林が一気に生還。巨人は最後までもつれた乱戦を劇的なサヨナラ勝ちで制し、4連勝を飾った。

 巨人先発は桜井。初回、ビシエドにあわや本塁打かと思われた左翼フェンス上部直撃の適時二塁打で先制を許す。しかしその裏、先頭の亀井が中日先発・吉見から右前打で出塁すると、一死二塁から丸が低めの変化球を中堅にしぶとく返し、試合を早々に振り出しに戻す。さらに、二死二塁と攻めて大城が左中間適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功する。

 立ち直りたい桜井は二回、簡単に二死を奪うが、下位打線の木下拓、吉見、さらに平田に連打を浴び、二死満塁とされる。ここで京田に中前に弾き返され、2対3とされる。しかしその裏、巨人は先頭ビヤヌエバが左前打で出塁すると炭谷が死球、桜井が一犠打野選でつなぎ、無死満塁の好機。ここで亀井が右前2点打を放ち、4対3とまたしても逆転に成功。試合は序盤から激しく動くシーソーゲームになった。

 巨人は三回、大城、若林の連打で無死二、三塁とすると、続くビヤヌエバが四球を選び、無死満塁としたところで吉見をノックアウト。しかし、ここで2番手岡田を打ち崩すことができず、追加点は奪えない。

 三回は三者凡退に抑えた桜井だったがその裏に代打を送られて交代。四回からは2番手の鍬原が2イニングを無失点で切り抜ける。一方の打線も中日の中継ぎ陣から追加点が奪えず、両チーム三回から六回までゼロが並んだ。

 巨人は七回、4番手に好調・大竹をマウンドに送る。しかし一死一、三塁とされて京田にスクイズを決められ、同点。さらに二死二塁から大島の右前適時打で勝ち越しを許す。

 逆転を許した直後の七回、巨人は先頭岡本が中前打で出塁し、若林の右前打で一死一、二塁と好機を作る。ここで原監督はビヤヌエバに代打・阿部を送る。阿部は期待に応える右翼線適時二塁打を放ち、試合はまたも振り出しに。さらに二死満塁で亀井が一、二塁間を破る。この日3本目の安打となる適時打で、6対5と勝ち越しに成功する。

 巨人は八回、田口をマウンドに送り、三者凡退の好投を見せる。しかし九回に6番手の中川が先頭の木下拓に左越え本塁打を打たれ、土壇場で同点とされる。

 九回裏、巨人は中日のロドリゲスから先頭の若林が四球で出塁。続く増田大の打席で初球からスタートを切って二盗を決め、無死二塁と一打サヨナラのチャンスを作る。打席の増田大は力のある真っ直ぐに苦しみながらもフルカウントまで粘り、最後は三塁線へ絶妙なバントを転がす。ここで三塁手から一塁への送球が反れ、守備がもたつく間に若林が一気にホームイン(記録は犠打と三塁手の失策)。ノーヒットで貴重な1点をもぎ取り、7対6でサヨナラ勝ちを収めた。

 序盤からもつれたシーソーゲームとなったが、最後は若手野手が持ち味を存分に発揮して決勝点につなぎ、サヨナラ勝ち。巨人は4連勝を飾った。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

(若林は)技術だけではない強さがある

Q:最後はサヨナラでした

そうですね、ただ、かなり物語は長いですね

Q:桜井投手を三回で替えました

桜井は立ち直ってきたんですが、三回にノーアウト満塁で、何とか1点を取りに行くということで、攻めに転じました。ただ、相手が完璧なリリーフで、甘い球が1球もなかった

Q:九回に若林選手が盗塁でサヨナラ勝ちにつなげました

初球で決められたのはよかった。技術だけではない強さがある

Q:点を取られても取り返すしぶとい打撃が光りました

(阿部)慎之助、亀井の打撃が素晴らしい

Q:これはただの1勝以上の意味があるのでは

いえいえ、1勝です

ヒーローインタビュー

「攻めなきゃ点は入らないと思った」好走塁でサヨナラのホームを踏んだ若林

写真

Q:ものすごい試合でしたね。勝利をもぎ取りました 

緊迫したゲームだったので、最後まで集中していきました 

Q:主導権をジャイアンツが握りそう、でもドラゴンズがどんどん粘ってくる。大変なしんどい試合だったと思います 

ピッチャーも要所で踏ん張っていたので、なんとか野手で点取って勝てればと思っていました 

Q:そして、最終回ですが、どういう気持ちでバッターボックスに入りましたか 

先頭だったので、何が何でも出るという気持ちで打席に立ちました 

Q:塁に出た、その時の気持ちはいかがでしたか 

うれしかったですけど、まだまだ点が入っていなかったので、今度は走塁というところを頭において走りました 

Q:ぜひ、走塁のことを聞きたいのですが、増田選手が送りバントかなと思いましたが、スチールですか 

そうですね、「行けたら行け」という形で(サインが)出ていたので、走れてよかったです 

Q:そう言われましたが、とても緊迫する緊張した場面でしたよね、勇気が要りました 

やっぱり攻めなきゃ点は入らないと思ったので、思い切っていきました 

Q:そしてホームにかえるきっかけを作ってくれた増田選手に一言お願いします 

ナイスバントです! 

「2ストライクからでも決める自信はあった」サヨナラを呼ぶ絶妙バントの増田大

写真

Q:ものすごい歓声のシャワーです。浴びていかがですか 

最高です! 

Q:実は、最後の場面でチームメイトに迎え入れられて、ユニフォームがだるだるになっていました。もう大丈夫ですね 

はい、もう大丈夫です 

Q:ただあの場面、ちょっと追い詰められて、でも見事に決めましたね 

そうですね、常日頃バントはしっかり決められるようにと思って、自信をつけてやってきたので、2ストライクからでも決める自信はあったので、決められてよかったです 

Q:ファンの皆さんがこの東京ドームに入る時間の前、増田選手、今お言葉にあったように、本当にマシンに向かってバント練習繰り返していましたね 

そうですね、どういう場面で出されても、バントができるように練習しています 

Q:そして、若林選手がスチールを決めました。あの場面も非常にキャッチャーが捕りにくい、見事な仕掛けでしたね 

若林選手のスタートがよかったので、バットを引こうと思っていました 

Q:それが相手を惑わせました 

そうですね、ナイススチールです! 

Q:炎天下の中でバント練習もあったと思います。その苦労が実りましたね 

4年間やってきてよかったと思います 

Q:この大歓声の中、最後に一言だけお願いします。ご家族にどんな報告をしますか 

パパやりました! 

順位表