GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月4日 対中 日14回戦・東京ドーム

坂本6年ぶりの満塁本塁打!同一カード3連勝し、5連勝

写真

二回、坂本が先制満塁本塁打

写真

六回、先頭の小林が左第2号本塁打!

写真

今季2勝目を挙げた今村

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの14回戦。巨人打線は二回、二死満塁のチャンスで坂本が左翼席に6年ぶりとなる満塁本塁打を放ち4点を先行した。さらに六回には小林にも一発が飛び出し追加点を挙げた。投げては先発今村が走者を出すものの要所を締める投球で七回途中4安打3失点で2勝目。あとを受けたリリーフ陣も踏ん張って最後までリードを守り5対3で逃げ切った。これで中日相手に同一カード3連勝。連勝を5に伸ばした。

 巨人先発の今村は初回、京田に四球を与えると、大島の右前打、ビシエドへの死球で一死満塁のピンチを招いたが、高橋を三塁併殺打に打ち取りなんとか無失点で立ち上がる。

 一方の打線はその裏、制球の定まらない中日先発・ロメロから三者連続で四球を選び一死満塁としたが、大城が遊撃併殺打に倒れ得点を奪えない。しかし二回、先頭の若林が四球で出塁するとすかさず二盗を決める。一死後、小林の左前打で二塁走者・若林が果敢にホームを狙うがタッチアウト。チャンスがついえたように思われたが、今村が中前打で続くと、陽が四球を選び二死満塁。この場面で坂本がインコースのボールをとらえた打球は左翼席へ。キャプテンの6年ぶりとなる満塁弾で4点を先行した。

 リードをもらった今村は走者を背負うものの要所を締める粘りの投球で、強力中日打線を抑えていく。緩いカーブをうまく使い的を絞らせない。

 今村の粘投にこたえたい打線は四回、先頭のビヤヌエバの四球から野選なども絡み二死満塁のチャンスを作ったが、丸が二ゴロに倒れ追加点を奪えなかった。

 粘投を続けていた今村は、勝利投手の権利がかかる五回、先頭の阿部に右超え二塁打から一死一、三塁とされ、平田に中犠飛を許し1点を失った。しかしこの回は最少失点にしのぎ、六回も三者凡退で抑えた。

 追加点が欲しい打線は六回、中日の2番手・三ツ間から小林が高めに浮いた絶好球を完璧にとらえ左翼席に叩き込み再度リードを4点とした。

 今村は七回も続投したが、先頭の福田に四球を与え、阿部に右翼線適時二塁打を打たれ2点目を失ったところでマウンドを降りた。結局、今村は七回途中4安打3失点の内容だった。一死三塁のピンチで後を受けた大竹は、木下拓の三ゴロの間に1点を失ったが、後続を抑え役割をきっちりと果たした。八回は田口が、中日の上位打線を三者凡退で完璧に打ち取った。

 最終回は守護神・中川が登板。走者を許したが、最後は前の試合で本塁打を打たれた木下拓を空振り三振に打ち取り試合終了。巨人は2本の本塁打で効果的に加点し、投手陣が最後まで粘りを見せ、中日相手に同一カード3連勝し、その前のヤクルト戦と合わせ今季3度目の5連勝となった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

坂本が内角球を1球で仕留めてくれた

Q:坂本選手の満塁本塁打が大きかったですね

このところ、ああいう場面で点が取れなかったが、坂本が内角球を1球で仕留めてくれた

Q:小林選手にも貴重な一発が出ました

最初のヒットも内容のある当たりだったし、打席にしてもリードにしても大事にやってくれている

Q:今村投手が勝ち星を挙げました

六回を投げ切り、欲をかいてもう一回いってもらった。(ピンチを招いたが)大竹が助けてくれました

Q:大竹、田口の両投手が好リリーフを見せました

(中継ぎ投手を)固定できていない状況で、よく準備してくれている

ヒーローインタビュー

「しっかり自分のスイングで、芯に当たった」6年ぶりの満塁本塁打を放った坂本

写真

Q:すばらしいホームランでした。感触はいかがでしたか 

しっかり自分のスイングで、芯に当たったので、ホームランになるなっていう風に思いました 

Q:満塁のチャンスですが、どんな気持ちで打席に入りましたか 

昨日もね、なかなかチャンスでいい結果が出なかったので、今日こそはなんとかランナーをかえしたいなという気持ちで打席に立ちました 

Q:そして坂本選手、満塁ホームラン、実は6年ぶりです。いかがですか 

もともと、ホームランバッターじゃないので、そこはあまり意識していないですけど、満塁でホームラン打てて、素直にうれしいです 

Q:最後にキャプテンとして、明日に向けて一言お願いします 

本当にチームいい流れできているので、9連戦ひとつでも多く勝てるように頑張ります。応援よろしくお願いします 

「やっぱり七回まで投げたいという思いがあった」2勝目を挙げた今村

写真

Q:2勝目、今の気持ちを一言お願いします 

うれしいです。ありがとうございます 

Q:およそ2ヶ月ぶりの2勝目、先輩のすばらしい援護も、大竹選手の援護もありましたね。振り返っていかがでしょうか 

やっぱり(坂本)勇人さんも打っていただいたし、僕が途中で代わって、ふがいないところで(大竹)寛さんがちゃんと抑えてくれたので、本当に感謝したいと思います 

Q:今村投手、六回の壁とご自身でおっしゃっていました。今日は越えました。クリーンアップとの対戦、力が入ったんじゃないですか 

そうですね、やっぱり七回まで投げたいという思いがあったので。まあ、七回まではいけましたけど、ふがいなかったので、また次頑張りたいと思います 

Q:前半戦、まだ試合が残っています。今村投手の力も必要だと思います。ぜひ、次回に向けて一言お願いいたします 

チームの状態もすごくいいので、その流れに僕も乗れるように頑張ります。応援よろしくお願いします 

「バッター一人一人と思って投げました」好リリーフの大竹

写真

Q:すばらしいリリーフでした。いかがでしたか 

なんとか今村に勝ちがついてよかったです 

Q:今村投手の後を受けました。改めてあの場面はどんな気持ちでマウンドにあがりましたか 

もうバッター一人一人と思って投げました 

Q:先発で投げていたときとやはり、リリーフであがるときというのは違う気持ちでマウンドにあがっているのでしょうか 

もう一緒です。目の前のバッターを抑えるだけです 

Q:そして、抑えて勝ちにつながる。改めて気持ちとしてはいかがですか 

充実感ありますし、必死にやっているので、明日も頑張ります 

Q:宮本ピッチングコーチは寛ちゃんがブルペンのムードメーカーだとおっしゃっていました。後輩も多いブルペンだと思いますが、改めてご自身の役割教えてください 

僕も中継ぎのことまだわからないので、若手と一緒に頑張っています 

Q:ぜひブルペンを代表して、明日に向けて一言お願いします 

中継ぎ陣一丸となって、チームに貢献できるように頑張ります! 

順位表