GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月8日 対阪 神11回戦・甲子園

増田大の好走塁で貴重な1点をもぎ取り、接戦制す

写真

八回、代走の増田大が三盗を決める

写真

八回、陽の適時打で決勝点を奪う

写真

先制打と勝ち越しソロ本塁打を放った大城

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの11回戦。巨人は初回、大城の中前適時打で先制。先発の菅野が逆転を許すが、自らの適時二塁打と大城のソロ本塁打で再びリードを奪う。犠飛で追いつかれて迎えた八回、一死一塁から代走の増田大が躍動。相手のけん制悪送球と三盗で一気にチャンスを広げて陽の適時打を呼び込み、勝ち越しのホームを踏んだ。終盤は中川とマシソンが走者を背負いながらも無失点でしのぎ、4対3で巨人が息詰まる接戦を制した。

 巨人打線は初回阪神先発の西から丸、岡本の連続四球で二死一、二塁の好機をつくる。ここで大城が初球を中前にはじき返し、幸先よく先制した。

 巨人先発は9勝目を目指す菅野。二死から一、二塁のピンチを背負うもマルテを見逃し三振に切って取り、不安定だった立ち上がりを無失点で切り抜けた。しかし、二回二死から阪神の坂本に左越えソロ本塁打を浴び、同点に追いつかれる。その後、3連打で満塁のピンチを背負うも、勝ち越しは許さなかった。

 三回、菅野はマルテの左中間二塁打などで二死一、三塁から、またも坂本に中前適時打を浴び、勝ち越しを許した。それでも直後の四回、二死二塁から自らのバットで中越え適時二塁打を放ち、同点に追いついた。菅野はその後も得点圏に走者を背負うが四回は一死二塁から糸井、大山を連続三振に打ち取るなど、苦しみながらも何とか中盤を切り抜けた。

 巨人打線は六回、大城が西の初球を右翼席に叩き込む4号右越えソロ本塁打を放ち、勝ち越しに成功。苦しみながらも試合を壊さないエースの粘投に応えた。

 菅野は七回の打席にも立ち、その裏のマウンドに上がったが、先頭のマルテに右中間二塁打を許したところで降板。巨人ベンチは継投で逃げ切りを図るが、2番手の田口が犠打を決められて交代すると、3番手・大竹が一死三塁から代打・原口に中犠飛を許し、同点に追いつかれた。

 八回、巨人打線は一死後にジョンソンから岡本が中前打で出塁すると、代走に増田大を送る。増田大は投球前のけん制悪送球に乗じて二進。さらに陽に対しての初球で、バッテリーの意表を突く三盗を決め、一気に一死三塁とする。

 ここで陽が遊撃強襲の当たりを放ち、打球が左翼に転がる間に増田大が生還。リーグ屈指の中継ぎ投手から足で貴重な1点をもぎ取り、巨人が終盤で勝ち越しに成功した。

 八回裏、原監督は1番から始まる相手打線に対し、抑えの中川を投入。中川は2四死球で一死一、二塁のピンチを背負うも、丸が中前に落ちそうな飛球をスライディングキャッチする好守を見せ、無失点で切り抜けた。九回には五番手でマシソンが登板。二死一、二塁とされるも最後は近本を二ゴロに打ち取り、逃げ切った。巨人は終盤に増田大が俊足を存分に発揮してもぎ取った1点を執念の投手リレーで守り切り、4対3で接戦を制した。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

まさか一死三塁のチャンスを作ってくれるとは…。見事なランナーです

Q:九回はマシソン投手でした

よく投げました。七回の時点で、リードか同点なら、八回に中川と考えていた。急きょではない

Q:代走の増田大選手の盗塁で好機を広げ、決勝点を奪いました

まさか一死三塁のチャンスを作ってくれるとは…。見事なランナーです

Q:先発の菅野投手も粘りました

投球内容はともかく、何とか3点に抑え、役割を果たした

Q:接戦をものにしましたね

もう接戦ばかりですから。ただ、こういう接戦を喜び勇んで求めるようなチームにするのが大事です

ヒーローインタビュー

「(初球の三盗は)1球目が一番チャンスがあると思っていた」好走塁の増田大

写真

Q:勝って甲子園でヒーローインタビューを受ける気持ちを教えてください 

大歓声の中でこうやってインタビューを受けることができて最高です 

Q:4日前東京ドームでお立ち台に上がりました。それ以来すぐのヒーローインタビューです 

チームが勝つために必死でやっているので、それが結果につながって良かったです 

Q:試合途中から代走で送られて、一塁ランナーとしてどんなことをしようと塁に行きましたか 

サインが出れば一発でスタート切ろうと考えて、1球でスタートを切れるように準備していました 

Q:エラーを誘って二塁ランナーに変わり、三盗はすぐでした。準備していましたか 

外国人選手でチャンスあると思っていて、1球目が一番チャンスがあると思っていたのでいきました 

Q:三塁ランナーになり、どんな走塁を見せてくれるんだろうとファンはわくわくしていました 

サードまでいけたのでここでしか点が入らないと考えて内野ゴロで絶対ホームに帰ってやろうという強い気持ちでした 

Q:決勝点になりました。前回はテレビ、メディアを通じて奥さんと子供さんにメッセージを届けました。きょうはどう届けたいですか 

家族のおかげで今の僕がいるので、家族に少しずつ恩返しできるように頑張っていきます 

Q:明日もあさってもオールスター前、試合があります。チームを代表して意気込みお願いします 

一日一日大事にしているので、1試合でも多く勝てるように頑張っていきたいと思います 

順位表