GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月10日 対阪 神13回戦・甲子園

序盤のリードを継投で守りきり3連勝…貯金17で前半戦首位ターン

写真

先発の今村

写真

3安打猛打賞の炭谷

写真

リーグトップタイの63打点目をあげた坂本

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの13回戦。巨人は初回、丸が16号ソロ本塁打を放ち、幸先よく先制する。続く二回、若林、ビヤヌエバ、炭谷の三連打で追加点をあげると、さらに二死満塁から坂本が中前2点打を放って4対0とし、序盤からリードを奪う。巨人先発の今村は、走者を背負いながらも打たせて取るテンポの良い投球を披露。六回に連打で得点を許したものの、六回途中被安打5、失点1と試合をつくった。巨人は継投で序盤のリードを守りきり、このカード3連勝。貯金を今季最多の17とし、前半戦を首位で締めくくった。

 打線は初回、二死走者なしから、丸が右翼席に飛び込む16号ソロ本塁打で幸先よく先制する。
 さらに二回、連打で一死一、三塁の好機をつくると、炭谷が初球をセンター前にはじき返し追加点を挙げる。その後も二死満塁から坂本が打点リーグトップタイの63打点目となる中前2点打を放ち4対0。阪神先発のメッセンジャーを攻めたて、序盤で主導権を握る。

 巨人の先発は今村。立ち上がりに単打と四球で一、二塁のピンチを招くも、マルテを空振り三振に打ち取り無失点で切り抜ける。二回以降はテンポの良い投球で阪神打線を寄せ付けない。四回、五回と先頭打者は出したものの、打たせてとるピッチングで得点を許さない。

 六回、今村は糸井に右前打を打たれるが、亀井が一塁への好返球でアウトにし、先頭打者の出塁を許さない。しかしその後、大山、マルテに連打を浴びて1点を失うと、今村はここで降板した。2番手は、今季途中にトレードで加入した鍵谷。制球が定まらない鍵谷は、陽川の代打・高山に四球を与えて一死一、二塁とされるも、続く坂本、北條を中飛に打ち取り、反撃をしのいだ。

 3番手は七回途中から登板した田口。この試合で5連投となったが疲れを見せず、近本、上本を連続三振に切って取る。田口の後を継いで八回途中から4番手として登板した澤村も、走者を出すものの、見事併殺打で切り抜けた。

 メッセンジャーを二回まででマウンドから引きずり降ろした巨人打線だったが、三回以降は相手投手陣の継投の前にあと一本が出ず、追加点が奪えない。

 九回にはクローザーの中川が登板。糸原に左前打を打たれ一死一塁とされるも、続く北条、原口を打ち取り、4対1で試合終了。継投で序盤のリードを守りきった巨人は3連勝とし、貯金を今季最多の17まで増やして前半戦を締めくくった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

いいコンディションで後半戦に臨みたい。それだけですね

Q:前半戦最後、どんなゲームだったでしょうか

上手い具合に、4点とることができました。あとは、今村は非常についてたと思いますね。いい当たりされましたけど、野手の正面に行ったり、野手もしっかり守っていた。わが軍がついていたというか、今村がついていたというか・・・

Q:初回に丸選手の大きな本塁打が出ました

見事だったと思いますね。次の回の3点も大きかったと思います

Q:甲子園で3連勝を飾りました

1勝1敗1引き分けくらいかなと思っていましたけど、上手い具合に、昨日も勝って2連勝、3連勝すればありがたいなというところはありましたけど、上手い具合にいきました

Q:貯金は17。前半戦を振り返って

まだ振り返るというのはないですね。選手もいっぱいいっぱいで頑張っていますので、少し体をリフレッシュさせて、いいコンディションで後半戦に臨みたい。それだけですね

Q:前半戦、リリーフ陣がそれぞれの役割を果たせるようになってきました

そうですね。前半、中盤、新しいブルペン、若いブルペン陣が、不安な時もあったでしょうけど、本人達の非常に強いブルペン陣をつくるという気持ち、そういうなかで、(レベルが)一つ二つ、上に上がったんじゃないかなと思います。さらなるレベルアップでしょうね

ヒーローインタビュー

「いい状態でマウンドに上がることができた」相手の上位打線を無失点で抑えた田口投手

写真

Q:相手の上位打線をイニングまたぎでしっかり抑えました 

心の準備はしていたので、いい準備ができて、いい状態でマウンドに上がることができました 

Q:さらにマウンドで中盤、重要どころでのピッチングがきょうで5連投ということで体力面などどうでしょう 

まだ23歳なのでこれぐらい投げれないといけないのかなと思うので、こういう緊迫した試合で投げさせてもらえるだけですごく幸せを感じています 

Q:きのうはプロ初セーブを挙げました。それについてはいかがですか 

あまり気にしてはいないんですけど、とにかくチームが勝ったことが一番なのかなと思います 

Q:きょうで前半戦終了ですが、田口投手の2019シーズン前半戦いかがでしたか 

開幕して先発ローテ入れずにすごく苦しい時期が多かったんですけど、こうやって一軍に携わることができるので、今こういうかたちでもしがみついて最後まで一軍でやり通せるように頑張りたいです 

Q:チームとしてはこれで貯金17、独走態勢ですが、どのように見ていますか 

こういうチーム状況の中で一軍で投げさせてもらえるというのは本当に素晴らしいことだと思うので、こういうかたちで残れるように頑張りたいです 

Q:最後に後半戦に向けて意気込みをお願いします 

このままいい流れで後半も戦っていけるように気を引き締めて頑張っていきたいです 

順位表