GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月21日 対広 島14回戦・マツダ

桜井好投も打線振るわず、延長サヨナラ負け…2か月ぶりの4連敗

写真

7回1失点と好投した先発の桜井

写真

三回、丸が同点の犠飛を放つ

写真

亀井が3安打猛打賞と気を吐く

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの14回戦。巨人先発の桜井は初回、西川に先頭打者本塁打を浴びるがその後は立ち直り、7回1失点の好投。打線は三回、丸の犠飛で追いつき、その後は両チーム無得点で終盤へ。巨人は九回、一死満塁で代打攻勢をかけるも実らず試合は延長戦に突入。延長十回、4番手として登板したマシソンが一死満塁で鈴木に右前打を浴び、サヨナラ負けを喫した。桜井の力投に打線が応えられなかった巨人は5月15日以来の4連敗となった。

 巨人先発の桜井は初回、先頭の西川を2球で順調に追い込むも、甘く入った4球目を捉えられ、先頭打者本塁打を浴びてしまう。1点を追いかける打線は三回、広島先発九里から先頭の亀井が左中間を破る二塁打を放つと、一死三塁の場面で丸が中犠飛を放ち、同点とする。

 その裏、桜井は無死から安打と犠打で一死二塁とされるも、バティスタ、鈴木から連続三振を奪いピンチを切り抜ける。さらに四回にも無死一、二塁のピンチを迎えた場面でも、會澤を併殺打に仕留め、勝ち越しを許さない。

 粘りの投球を見せる桜井を援護したい打線だったが、六回、七回は走者を出してからいずれも後続が併殺打に倒れるなど、九里の前に得点機を見出せない。

 桜井は初回の本塁打以降立ち直り、五回以降は広島打線に安打を許さない。同点で迎えた七回の打席に代打を送られ降板。7回5安打1失点と役割を果たしてマウンドを譲った。

 巨人は同点で九回、一死から岡本の四球、代打・ビヤヌエバの中前打、若林の四球で一死満塁と広島2番手のフランスアを攻める。三回以来、久々に得点圏に走者を進めると、この場面で原監督は阿部を送る。しかし阿部は空振り三振。さらに続けて代打の陽を送るが、またも空振り三振に倒れた。ベンチは代打攻勢で勝負を仕掛けたが、フランスアの力のある直球に押され、あと一歩のところで絶好機を逃してしまう。

 その裏、巨人は3番手として中川を送り出すが、先頭の鈴木にフルカウントから左前打で出塁を許してしまう。その後犠打と敬遠四球で二死一、二塁とされるも代打・磯村を空振り三振で抑え、試合は延長戦に突入する。

 延長十回、打線が広島3番手・今村の前に三者凡退に終わるとその裏、4番手のマシソンが先頭の田中広にストレートの四球を与えてしまう。続く西川に初球で犠打を決められると、菊池涼に中前打を許し、一死二、三塁。この場面で巨人は前日2本塁打を浴びたバティスタを敬遠して満塁策を選んだが、続く鈴木に右前に落とされ、サヨナラ負けとなった。

 巨人は先発の桜井が力投を見せるも打線が振るわず、5月15日以来の4連敗を喫した。

監督インタビュー

(桜井は)良かった。攻めの投球ができていた

Q:接戦になりました

粘ったけどね、もう一本が出なかった。向こうにもう一本が出たということ

Q:マシソン投手が先頭打者に四球を出したのが痛かった

そこは反省点

Q:桜井投手は好投しました

良かった。攻めの投球ができていた

順位表