GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月24日 対ヤクルト16回戦・京セラD大阪

岡本の2点打などで追い上げるも、序盤の大量失点響き敗戦

写真

一回、亀井が右翼線へ2点二塁打を放つ

写真

五回、岡本の中前2点打で追い上げる

写真

二回、丸が中飛をジャンピングキャッチ

 京セラドーム大阪で行われた東京ヤクルトスワローズとの16回戦。巨人先発は移籍後初登板の古川だったが初回に集中打を浴び、1回4失点で降板。打線は直後に亀井が右翼線を破る二塁打を放ちすぐさま2点を返すが、救援陣も打ち込まれて序盤で大量6点のリードを許した。五回一死二、三塁から岡本が中前2点打を放ったが、反撃もここまで。巨人は序盤の失点が重くのしかかり、4対10で敗れた。

 巨人先発は楽天からトレード移籍後、初登板の古川。古川は力みが見えた初回、先頭の山田哲に中越えの二塁打を打たれると、制球が安定せず連続四球を与え無死満塁のピンチを背負う。ここで村上、中山を連続三振に抑えたものの、中村に左翼線二塁打を許し2点を先行される。さらに続く太田にも追い込んでから甘く入った変化球を右前に運ばれ、この回4点を失った。

 打線は直後のその裏、ヤクルト先発の石川から坂本が左翼線に二塁打を放ちチャンスメークすると、丸が倒れた後、岡本が四球を選び二死一、三塁。この場面で亀井が勝負強さを発揮し、右翼線を破る2点二塁打を放ちすぐさま2点を返した。

 巨人投手陣は二回から継投に入り、原監督はマウンドに大江を送る。しかし、先頭の石川に中前打を許すと、二死後、バレンティンにバックスクリーンに2点本塁打を叩き込まれ再び4点差とされてしまう。大江は三回にも2点を失ったが、四回はこの試合初めて三者凡退に抑え、マウンドを降りた。五回は代わった鍵谷が簡単に二死を取った後3連打を浴び1点を失い、7点を先行される苦しい展開となった。

 一方の打線は二回以降、変化球をうまく使う石川の投球の前に苦しむ。しかし五回、若林が遊撃内野安打で出塁すると坂本の遊ゴロが敵失を誘い一死二、三塁のチャンスを作る。ここで岡本がきっちり中前に弾き返して2点を奪い、4対9と5点ビハインドで五回を折り返した。

 六回は続投した鍵谷が無失点に抑えたが七回、4番手の澤村が西田に左中間適時二塁打を浴びさらにリードを広げられる。しかし、八回は田口が危なげなく三者凡退に抑える好救援を見せた。

 ヤクルトリリーフ陣の前に六回、七回と三者凡退に抑えられていた八回、ビヤヌエバ、大城の連打で二死一、三塁とすると打席には代打・阿部。しかし二飛に倒れチャンスを生かせなかった。九回は大竹が三者凡退で抑え、味方の反撃を待った。

 なんとかしたい打線は最終回、ヤクルトの5番手・マクガフから一死一、二塁のチャンスを作ったが後続が倒れ試合終了。巨人は亀井と岡本の適時打で追い上げを見せたが、序盤の大量失点が重く響き、4対10で敗れた。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

糧にしなきゃ、栄養にしなきゃ。毒を盛られようが栄養にしなければいけない

Q:初登板の古川投手は早いイニングで降板でした

そうですね、緊張はあったでしょうね。きょうはストライクを取ることに一生懸命でね、なかなか自分のピッチングはできなかったかな。ただ、ジャイアンツの一員としてマウンドに上がったというところに意義はあった

Q:2番手の大江投手も失点しました

1人、2人のミスをカバーできれば、ゲームを支配できるんだけど、なかなかカバーできなかったですね。前半であれだけ点を取られるとね

Q:古川投手も大江投手も、若い選手だし、今後に期待ですね

そうそうそう、もう糧にしなきゃ、栄養にしなきゃ。毒を盛られようが栄養にしなければいけない。本当に。それだけは意義があったというところですね。次につなげると

Q:打線では亀井選手が5番で役割を果たしています

うん、うん、そうですね

順位表