GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月25日 対ヤクルト17回戦・岐 阜

一軍昇格の高木が好救援も、先発ヤングマン乱調で2カード連続負け越し

写真

一軍昇格の高木が好救援

写真

三回一死一、三塁、丸が左前適時打!

写真

4番手の澤村が2イニングを完璧に抑える

 岐阜・長良川球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの17回戦。約2か月ぶりの一軍先発マウンドとなったヤングマンが二回、4連続四球と制球難に陥り、この回途中5失点で降板。序盤から追う展開となった打線は、三回に丸が左前適時打を放ち1点を返したものの、ヤクルト先発・山田大を捉えきれない。結局、9安打を放ったが、3併殺打もあり1点止まり。リリーフ陣は2番手・高木が2回3分の1を無失点、4番手・澤村が2回を完全投球と意地を見せたが、3番手・鍵谷が1失点、九回にマシソンが2失点し、1対8で敗戦。2カード連続の負け越しとなった。

 巨人の先発は約2か月ぶりの登板となるヤングマン。初回、一死二塁のピンチを無失点で切り抜けるが、二回、突如制球が乱れる。投手の山田大に四球を与えるなど、二死満塁のピンチを作ると、山田哲を押し出し四球とし、先制点を献上。続く山崎には全球ボールで、四者連続四球となる押し出し四球を与えてしまう。さらに青木、バレンティンに連続適時打を許し、0対5となったところでヤングマンは降板。2番手・高木は、村上を中飛に仕留め、ピンチを断ち切る。

 巨人打線は、1週間前の試合で5回1失点に抑えられたヤクルト先発・山田大を打ち崩すことができない。三回、一死一、三塁から丸が左前適時打を放ち、ようやく1点をあげるが、続く岡本が併殺打、追い上げムードはしぼんでしまう。

 高木は四回までの2回3分の1を無失点に抑えるなど、好救援を見せる。五回は3番手・鍵谷が登板。先頭のバレンティンに左越えソロ本塁打を浴び、さらに3つの四球で一死満塁とするが、山田大を併殺に打ち取り、1失点でしのいだ。

 六回からの2イニングは、4番手・澤村が打者6人を完全に封じ込める好投、八回は5番手・田口が無失点に抑えるなど、中継ぎ陣が奮闘する。

 しかし、打線が再三の走者を生かすことができない。五回一死一、三塁の好機を迎えるが、丸、岡本に快音は生まれず。六回は2番手・久保から先頭の亀井が中前打で出塁も、大城が併殺打。八回も、先頭の丸が左翼線打で出塁するが、一死から亀井が二塁併殺打に終わる。

 九回は5番手・マシソンが4安打を集められ2失点。7点差で迎えた九回の攻撃、ヤクルトの5番手・五十嵐から先頭の大城が左前打を放つが、後続が打ち取られ、1対8で敗戦。2カード連続の負け越しとなった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

まあ、心機一転というところです

Q:ヤングマン投手は久々の先発でしたが

私が先発起用したのだから、私が悪い。ちょっと想像ができない状況になってしまったという点で、申し訳ない。チームに迷惑かけた。あれじゃあ、フォローできないよね。

Q:それでも、かなり我慢しましたが

そうだなあ。だから、使った私が悪いのよ。しかし、打つ方ももう少ししぶとくね、こういう時ほど4番がシャンとしないとね。逆境に強い4番打者になるというのはとても大事なことでね。まあ、これから先もこういうゲームはね、ないと信じたいけれども、2試合続いているわけだからね。そういう時に4番打者というのは頼れる、という部分がね、これはまだ若い選手だけにね、ちょっと肥やしを与えておこうという感じだね。

Q:明日から本拠地で試合です

そうですね。久々ですね、東京ドームで。まあ、心機一転というところです。

順位表