GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月26日 対阪 神14回戦・東京ドーム

中盤、同点に追いつくも七回に痛恨被弾…リリーフ崩れ3連敗

写真

粘投し、6回2失点と試合を作った先発の菅野

写真

五回、坂本が右前適時打を放ち、1点を返す

写真

九回、けん制で一塁走者をタッチアウトにしたクック

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの14回戦。巨人先発の菅野は序盤に2点を奪われたがその後は粘投し、6回2失点と試合を作る。一方、打線は五回に坂本の右前適時打で1点を返す。さらに六回、一死満塁のチャンスで代打・阿部が押し出し四球を選び、試合を振り出しに戻す。しかし直後の七回、2番手の田口が阪神の新外国人・ソラーテに勝ち越しの2点本塁打を浴び、打線も七回以降は無得点に終わった。新外国人に一発を浴び、打線も7安打2得点と振るわなかった巨人は2対4で敗れ、3連敗となった。

 巨人先発はエース・菅野。初回、連続四死球などで一死二、三塁のピンチを招き、大山の左犠飛で先制を許してしまう。二回には無死一、三塁から併殺打の間に2点目を失う。序盤に2点を奪われた菅野だったが、三回以降は立ち直り、三回から五回はスコアボードに0を並べた。

 阪神先発は高橋遥。四回まで無得点に抑え込まれていた巨人打線は五回、先頭の小林が中前打を放ち、続く菅野の犠打で一死二塁とチャンスを作る。若林は一ゴロに倒れたが、チャンスに強い坂本が右前適時打を放ち、1点を返した。

 菅野は六回、2つの四球で二死一、二塁とピンチを招いたが、阪神・坂本の打席で小林が一塁走者の飛び出しを見逃さず、素早く送球し刺殺。小林の好フィールディングに助けられ、菅野はこのピンチを無失点で切り抜けた。

 すると、その裏、先頭の亀井が左中間を破る二塁打で出塁。その後2つの四球などで一死満塁と絶好のチャンスを迎えると、原監督はここまで粘投の菅野に代打・阿部を送る。阿部はフルカウントまで粘り、押し出しの四球で2対2と同点に追いつくことに成功。高橋遥をマウンドから引きずりおろし、「一気に勝ち越しを」という機運が高まったが、阪神2番手・島本の前に若林、坂本が凡退し、勝ち越しには至らない。

 同点に追いついた巨人は七回、2番手に田口をマウンドへ送る。3連投となった田口は簡単に二死を奪ったが、近本に二塁内野安打を許し、続くソラーテには特大の2点本塁打を左翼2階席へ叩き込まれ、勝ち越されてしまう。

 再び追いかける展開となった巨人だったが、七回以降は阪神救援陣に封じ込まれる。七回は3番手・ジョンソン、八回は4番手・岩崎の前に三者凡退。最終回は5番手・藤川から先頭の代打・立岡が右中間二塁打を放つも、後続が凡退し、2対4でゲームセット。田口が痛恨の一発を浴び、打線も7安打2得点と振るわなかった巨人は3連敗となった。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

あしたも心機一転!

Q:一時は同点に追い付きました

流れとして主導権を握れない。同点どまりでね。先取点を取られるというのもある。攻撃と守備、全員でバランスを取り返すことが必要でしょう

Q:ソラーテ選手に一発を浴びました

あの場面で警戒するのは長打。バッテリーがこの失点を、どう、次の肥やしにするかでしょう

Q:昨日、久しぶりの東京ドームで心機一転というお話がありましたが

あしたも心機一転!

順位表