GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月30日 対広 島15回戦・東京ドーム

若林のソロなど効果的な追加点で猛追かわし、原監督通算1000勝を達成

写真

六回、先頭の若林が4号本塁打

写真

一回一死満塁、亀井が先制の中前適時打!

写真

デラロサが来日初セーブ

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの15回戦。打線は初回に亀井の中前適時打、三回にはゲレーロの中越え2点二塁打で序盤から3点のリードを奪う。六回にも若林のソロ本塁打、坂本のこの試合2本目となる適時打などで3点を追加し7対1。2点差に追い上げられた八回には代打・重信の犠飛で加点するなど、効果的に追加点を挙げた。先発・山口は七回までは1失点、八回、2本の本塁打で4点を失い、途中で降板するも2番手・中川が好リリーフを見せ、自己最多タイの11勝目を手にした。また、原監督はきょうの勝利で史上13人目となる監督通算1000勝目を挙げた。

 初回、一死から山本、丸の連打、坂本の遊撃への当たりが相手の失策を誘い満塁とする。亀井が追い込まれてからファウルで粘り、9球目をセンター前にはじき返し先制。三回にも坂本、亀井の連打、岡本の四球で一死満塁とすると、ゲレーロがフェンス直撃の2点二塁打を放ち、リードを3点に広げ、来日初登板となったモンティージャをノックアウトした。

 先発は11勝目を目指す山口。立ち上がり、二死二、三塁とされるも、松山を変化球で空振り三振に打ち取りピンチを脱した。二、三回は三者凡退、三回は3者連続三振など、立ち直り、安定した投球を見せる。

 打線は四回にも一死一、三塁から坂本が一、二塁間をしぶとく抜く適時打で追加点。山口は五回、簡単に二死までこぎつけるも、西川に右中間二塁打を許すと菊池涼に左翼フェンス直撃の適時二塁打で1点を返される。それでも六回、山口は三人で打ち取り、攻撃のリズムをつくると、その裏、若林が低い弾道で左翼席に飛び込む4号ソロ本塁打でリードを4点に広げた。さらに山本の死球、丸のきょう3本目となる中前打で一、二塁とすると、坂本が二打席連続となる左前適時打で6対1とする。さらに一死満塁からゲレーロが中犠飛でこの回3点を奪った。

 山口は七回まで広島打線を1点に抑えていたが、八回制球を乱す。先頭の西川にソロ本塁打を浴びると、バティスタに左翼線二塁打、鈴木は死球で一死一、二塁とされると、松山の右越え3点本塁打で2点差に迫られる。ここで山口は降板。2番手は中川が登板。2者を完璧に抑え、リードを守る。その裏、相手のミスもあり無死二、三塁とすると、代打・重信が中犠飛を放ち、3点リードで最終回を迎える。

 九回はデラロサが走者を背負うも最後は菊池涼を空振り三振に打ち取り、来日初セーブを挙げ、8対5で試合終了。山口は自己最多タイの11勝目。原監督も巨人の監督としては川上哲治監督、長嶋茂雄監督に続く3人目の通算1000勝目を挙げた。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

八回の1点は大きかった

Q:1000勝を達成しました

(監督1年目の2002年は)3連敗からスタートでしたから、1勝の重み。1勝目の重み、一つ勝つ大変さ。あした、どうやって勝つか。その積み重ねです

Q:きょうも厳しい試合になりました

八回ね、八回の1点は大きかった。ただ、まだ脇の甘さがあるチームだとは思っています。逆にいえば伸びしろがあるチーム。そう感じます

Q:指揮官として決断するうえで心掛けていることは

ベストの選択をすること。最善策を取ることです。ベンチ入りする選手全員が戦力だと思っている。いつも自問自答を繰り返しています

ヒーローインタビュー

「私が目的を言うならば、あすの勝利それだけです」 通算1000勝を挙げた原監督

写真

Q:史上13人目、通算1000勝目おめでとうございます 

私がここ(お立ち台)に立つのは申し訳ないですね。選手のおかげです。2002年に就任して3連敗からスタートして1勝目というのは非常に強く覚えています。そのあとは朝になればきょうどう勝つか、夜になればあしたどう勝つかその積み重ねでこの数字にきたと思います。現在も今日は終わった、あしたどう勝とうかとそのことしかないですね。一つ言えるのは、ファンのみなさま、選手のみなさん、私の周りにいてくれたスタッフのみなさん、応援してくれたみなさんのおかげでここまでこられました。感謝申し上げます。 

Q:巨人軍85年の歴史の中で史上3人目の快挙となりました 

私の中でそこにまったく意識がないものでなんと答えていいか分かりませんが、あしたまた勝つこと、どうすれば勝てるかというところだけに集中したいと思います 

Q:次に目指すのは長嶋茂雄終身名誉監督の数字となると思いますがそこについていかがですか 

おこがましい話ですね。私が目的を言うならば、あすの勝利それだけですね 

Q:あしたの1勝、そして優勝という今シーズンの目標に向けて一言お願いします 

チーム一丸となってですね、勝利というものを目的に戦っております。きょうも素晴らしい戦いをしてくれました。もちろんあす以降も戦ってくれると思います。私自身も選手たちに負けないよう、足を引っ張らないよう頑張っていきたいと思います。ファンのみなさまよろしくお願いします 

順位表