GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月31日 対広 島16回戦・東京ドーム

ゲレーロの2点本塁打で1点差に迫り、中継ぎ陣粘投も…あと一歩届かず

写真

七回、ゲレーロが2点本塁打を放つ

写真

2番手の鍵谷がピンチを併殺打でしのぐ好リリーフ

写真

3番手の戸根は2回無失点

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの16回戦。巨人先発の高橋は、初回に1番西川、2番菊池涼に連続本塁打を浴びるなど、三回途中3失点で降板。しかし鍵谷、戸根ら救援陣が好投し試合を壊さない。すると七回、ゲレーロが左越え10号2点本塁打を放ち1点差に迫る。しかし、広島の継投に封じられて七回、八回の絶好機を生かすことができずに2対3で惜敗。巨人は救援陣が好投して接戦に持ち込んだが、あと一歩及ばなかった。

 巨人先発は7月7日以来の一軍マウンドとなった高橋。しかし初回から広島打線につかまる。ボール先行となり、甘く入ったストレートを1番西川、2番菊池涼と完璧に捉えられいきなり2者連続本塁打を浴びる立ち上がりとなる。三回、一死から2四球で招いたピンチで、鈴木に左前適時打を許して降板。しかし、ここでマウンドに上がった鍵谷がメヒアを遊撃併殺打に仕留め、最少失点でこの回を乗り切る。

 巨人救援陣は鍵谷が四回も続投し、三者凡退。五回、六回の2イニングには戸根が登板。六回には四球に守備のミスも絡み二死満塁のピンチを迎えるも、ジョンソンをしっかり中飛に抑え追加点を許さない。七回にマウンドに上がった澤村も伸びのある直球で三者凡退と切って取り、打線の反撃を待つ。

 反撃に転じたい打線だったが、ジョンソンから六回まで毎回走者を出すものの、ホームが遠い。しかし七回、ジョンソンに代わりマウンドに上がった2番手遠藤から先頭の岡本が中前打を放ち出塁する。ここで打席に立ったゲレーロが高めに浮いたカーブを完璧に捉える。打球はレフトスタンドへ飛び込む2点本塁打となり、一気に1点差に迫る。さらに二死後、若林が四球で出塁すると代打田中俊が右前打、丸が四球でつなぎ二死満塁と好機を作る。しかし、坂本が右飛に倒れ、追いつくことができない。

 八回は5番手としてマウンドに上がった大竹が連打を浴びてピンチを招くも、代わった高木が後続を打ち取り窮地を脱する。

 追い上げムード高まるその裏、先頭の亀井が広島3番手・今村から右中間二塁打を放ち、好機を演出。打席には岡本が入ったが、ここは犠打を確実に決める。一死三塁となった場面で、広島は今村に代えて、守護神のフランスアを投入。両監督が執念の采配を見せる中、打席には前の打席で本塁打を放ったゲレーロを迎え、球場のボルテージは最高潮に達する。この場面でゲレーロはフランスアの変化球を捉えたが、強烈なライナーは三塁手のグラブに収まり、三塁走者は戻れず併殺。不運も重なり、この回もチャンスで一本が出ない。

 九回は高木、デラロサが走者を出すも要所を抑えて最終回の攻撃につなげたが、続投となったフランスアの前に三者凡退に抑えられ、2対3で敗れた。

 巨人は救援陣の好投で流れを引き寄せ、終盤に絶好の好機を作ったが、好機にあと一本が出ず惜敗、3連勝とはならなかった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(救援陣は)よく粘りました

Q:終盤追い上げましたが

もう1本が出なかった

Q:救援陣は

よく粘りました

Q:先発の高橋投手の序盤の失点が痛かった

ボールそのものは良くなっている。ただ、ストライクを投げる勇気がないと、抑える確率は下がりますね

Q:岡本選手に犠打を命じました

同点にする確率が高いだろうと。あす、また頑張ります

順位表