GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月1日 対広 島17回戦・東京ドーム

丸が2二塁打2打点も、終盤に集中打浴び、4カード連続負け越し

写真

2二塁打2打点と気を吐いた丸

写真

一回二死一塁、好中継でバティスタをタッチアウト

写真

九回二死、堀岡がプロ初登板

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの17回戦。巨人打線は初回、丸の左翼線適時二塁打で幸先よく先制する。先発のメルセデスはテンポのよい投球で六回まで松山のソロ本塁打1本の最少失点で抑えるも、七回に連打を浴び1対2と勝ち越しを許す。なお無死一、二塁のピンチで継投策を取るが、救援陣も広島打線を止めることができず、この回4点を失う。九回にも大竹が坂倉に3点本塁打を浴びた。打線は八回に丸が再び右中間適時二塁打を放ち、この試合2安打2打点の活躍を見せたが、終盤の失点が大きく、2対8で敗戦。広島に連敗、4カード連続負け越しとなった。

 巨人先発のメルセデスは初回、二死からバティスタに左前打を許すと広島の4番鈴木に右中間を真っ二つに破られる。この当たりで一塁走者が本塁を狙うも的確な中継プレーで本塁タッチアウト。守備陣がメルセデスを盛り立てる。

 その裏、広島先発の野村から先頭の若林が中前打を放ち出塁すると一死後、丸が左翼線二塁打を放ち一塁から若林が快足を飛ばし生還。幸先よく先制点を奪う。さらに二回、好調の先頭・ゲレーロが右中間二塁打、田中俊の進塁打、炭谷の四球で一死一、三塁。この場面でメルセデスがスクイズを試みるも三塁走者が間一髪でアウトとなり追加点を奪えず。

 テンポよい投球を続けるメルセデスは二回、三回と難なく抑えたが、四回、一死から松山に右中間ソロ本塁打を浴び同点に追いつかれる。

 援護したい打線は、野村のコーナーを丁寧に突く投球の前になかなか突破口が開けなかったが、六回に二死から岡本が左越え二塁打を放ち二回以来のチャンスを迎える。期待が高まる中、打席に立った亀井だったが、低めの変化球にバットが空を切り勝ち越しとはならない。

 メルセデスは七回、先頭のメヒアに左翼線二塁打を許すと、田中広のバントが内野安打となり無死一、二塁。ここで代打・磯村のバスターエンドランが左前適時打となり、1対2と均衡が破れる。メルセデスは無死一、二塁の走者を残したまま降板。2番手高木が西川に三塁内野安打を許し、マウンドを3番手澤村に譲ると菊池涼、鈴木に適時打を浴びるなど広島打線を止めることができず1対5とリードを広げられてしまう。

 打線は八回、先頭の代打・阿部が広島3番手の今村から四球を選び出塁、二死後、再び丸が右中間適時二塁打を放ち1点を返す。

 九回、6番手の大竹が代打坂倉にダメ押しとなる右越え3点本塁打を浴び突き放される。その後7番手としてプロ初登板となる堀岡が會澤を空振り三振に抑える。その裏、二死から重信が左前打を放つも最後は大城が空振り三振に倒れ試合終了。

 丸が2本の適時二塁打を放ったものの終盤の失点が重く、2対8で広島に連敗。4カード連続の負け越しとなった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

明日からまたやっていく

Q:メルセデス投手は前半は良く投げました

うーん、3度のバントケースを全部セーフにしてしまう、このへんはやっぱりミスでしょうね

Q:岡本選手を4番に戻しました

彼はまだ若いわけだから、若武者として戦って、明日になればまた、立ち向かうということが大事なこと

Q:これからは、隙をなくすのが課題ですね

いろんな意味でまだ、まだ、課題はありますね。ただ、終わったことをぐじぐじ言っても始まらないし、明日からまたやっていくということですね

順位表