GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月6日 対中 日15回戦・ナゴヤドーム

好機生かせず、投手陣は3本塁打浴び6失点…零封負けで6連敗

写真

先発の野上は4回2失点

写真

七回、3番手の高木が三者凡退に抑える

写真

ビヤヌエバがスタメン起用に応える2安打

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの15回戦。巨人は今季初先発となった野上が福田に先制ソロ本塁打を許すなど4回2失点で降板。リリーフ陣も踏ん張れず、投手陣は計3本塁打を浴びて6失点、福田には2本塁打を含む4安打4打点と一方的に打ち込まれた。打線は再三走者を出し、五回から七回まで絶好機を作ったがホームが遠く、今季3度目の零封負け。9連戦の初戦を落とし、チームの連敗は今季最長の6となった。

 巨人打線は初回、この日一軍登録された陽が左前打で出塁するも後続が倒れ先制できない。その後も毎回走者を出すものの、中日先発・大野雄の直球に差し込まれチャンスを広げられず得点を奪えない。

 一方、今季初先発となった巨人先発の野上は初回、無死二塁のピンチを背負ったが、後続を抑え無失点で立ち上がる。しかし二回、福田に右翼席に一発を叩き込まれ先制されてしまう。さらに四回、味方の失策で一死一塁とされると、またも福田に左中間を深々と破られ、追加点を奪われた。

 四回まで2安打に抑えられていた打線は五回、先頭のビヤヌエバが右中間を破る二塁打でチャンスメークすると、一死後、原監督は4回2失点の野上の打席で代打・山本を送る。山本はベンチの期待に応えしぶとく右前に落とし一死一、三塁のチャンスを作る。しかし、続く陽が初球を叩き痛恨の投ゴロ併殺打。さらに六回、先頭の坂本が左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、丸の進塁打で一死三塁のチャンス。しかし、岡本が投ゴロに倒れ走者を返せず。その後も二死一、三塁としたが、若林が遊ゴロに倒れた。

 継投に入った巨人は六回、2イニング目に入った戸根が間単に二死を取った後、福田にこの試合2発目となるソロ本塁打をバックスクリーンに運ばれ、3点目を失った。

 追い上げたい打線は七回、ビヤヌエバと代打・重信の連打で無死一、二塁として打席には勝負強い代打・亀井が入る。亀井はライナーを中堅方向に弾き返すが、大野雄が好捕し一塁走者が戻りきれず併殺。なおも二死二塁と走者は残ったが、陽が投ゴロに倒れた。

 七回は高木が三者凡退で抑える好救援を見せたが八回、田口がアルモンテに2点本塁打を許し、一死も取れず降板。後を受けた堀岡も、福田にこの日4安打目となる適時打を浴びて1点を失った。

 何とかしたい打線だったが、九回は藤嶋の前に三者凡退に抑えられ試合終了。巨人は打線が七回まで毎回走者を出したが、再三のチャンスであと1本が出ず今季3度目の零封負け。投手陣も福田に2本塁打を含む4安打4打点を許すなど、計3本塁打を浴びて6失点と崩れた。首位は守ったものの9連戦の初戦を落とし、今季最長の6連敗となった。

監督インタビュー

(チームに)重いものが乗っている感じ。今のメンバーで何とか、押しのけないとね

Q:七回、亀井選手のライナーが併殺になる不運が痛かったようにみえますが

その前にチャンスがあったね。スコアリングポジションでなかなか1本が出ない

Q:六回一死三塁で岡本選手が走者を返せませんでした

ガーンと行ってほしいというのはある

Q:昇格したビヤヌエバ選手は

非常によかったね

Q:厳しい戦いが続きますが

(チームに)重いものが乗っている感じ。今のメンバーで何とか、(重いものを)押しのけないとね

順位表