GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月13日 対広 島19回戦・マツダ

メルセデスら投手陣が奮闘も…延長サヨナラ負けで連勝ストップ

写真

先発メルセデスは七回途中1失点

写真

七回、高木が一死満塁の大ピンチをしのぐ

写真

八回、大竹が二死満塁を切り抜ける連夜の好リリーフ

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの19回戦。巨人先発のメルセデスは二回に先制を許すが立ち直り、七回途中5安打1失点、10奪三振の好投。打線は広島先発のジョンソンに苦しんだが八回、丸の併殺打の間に追い付き、試合は延長戦に突入した。しかし延長十一回、一死満塁から代打・磯村に左犠飛を打たれサヨナラ負け。巨人は高木、大竹が満塁のピンチをしのぐなど投手陣が粘ったが、打線が5安打1点に抑えられ、連勝は5で止まった。

 巨人先発のメルセデスは二回、先頭の鈴木に中前打を許すと、松山に右中間に適時二塁打を打たれ先制を許す。追い付きたい打線は広島先発ジョンソンから四回、3つの四球で二死満塁のチャンスを作ったが、山本が三ゴロに倒れ絶好のチャンスを生かせなかった。

 メルセデスは中盤立ち直り、四回から六回まで3イニング連続で三者凡退に抑えた。荒れ球ながら伸びのある直球を軸に変化球も低めに集め、10三振を奪う好投で、味方の援護を待った。しかし七回、一死から松山、メヒアに連打を浴び、會澤に死球を与えたところで降板。一死満塁のピンチで、原監督は高木をマウンドへ送る。広島は代打攻勢をかけるが高木は安部を空振り三振、三好を中飛に抑える好救援で、絶体絶命のピンチを切り抜けた。

 投手陣の踏ん張りに応えたい打線は八回、ジョンソンに代わりマウンドに上がった菊池保から代打の重信が四球で出塁。亀井が犠打を決めると坂本も左前打で続き一死一、三塁のチャンスを作る。続く丸は二塁手正面へのゴロで併殺、チェンジと思われたが、一塁走者の坂本が二塁手のタッチをかわし、二塁手は先に一塁へ送球して打者走者がアウト。その後坂本もタッチアウトで3アウトとなるが、三塁走者の生還が3アウトよりも早かったため得点が認められ、同点に追いついた。

 その裏、3番手の澤村が二死満塁のピンチを招き降板するが、代わった大竹がメヒアを三ゴロに仕留める。大竹は通算100勝を挙げた前夜に続き、満塁のピンチで好救援を見せた。

 打線は九回、大城がこの日3安打目となる左中間三塁打を放つも若林が見逃し三振に倒れ勝ち越しとはならなかった。その裏は、デラロサが三者凡退に抑え延長戦に突入した。

 延長十回は6番手・戸根が三者凡退で抑える好投。延長十一回、巨人は岡本の中前打と2つの四死球で二死満塁のチャンスを作ったが若林が中飛に倒れ勝ち越すことはできなかった。その裏、続投した戸根は、鈴木の左越え二塁打を許し犠打で一死三塁とされる。ここでベンチはメヒアと會澤を連続で申告敬遠して満塁策を選ぶが、一死満塁で代わった鍵谷が代打・磯村に左犠飛を打たれ、サヨナラ負けとなった。

 巨人はメルセデスが7回途中5安打10奪三振1失点の好投。リリーフ陣も2度の満塁のピンチを高木、大竹がしのぐなど奮闘したが、打線が5安打に抑えられ、連勝は5で止まった。


監督インタビュー

1点というのがね、難しい。打てなかった

Q:前日に続いて総力戦になりました

1点というのがね、難しい。打てなかった

Q:ヒットエンドランなど攻撃面で仕掛けているようにも見えました

いろいろ、結果的にはね・・・

Q:前日に続いて大竹投手が好投しました

頑張ったよね。まさか四球三つで満塁という場面で出るとは思っていなかっただろうけどね

順位表